ツール・ド・フランス2015 第1ステージデニスが個人TTを制しマイヨジョーヌに袖を通す 平均時速55kmを超える驚異の走り

  • 一覧

 第102回目の開催を迎えた世界最高峰のステージレース「ツール・ド・フランス」が7月4日、オランダ・ユトレヒトで開幕した。13kmの個人タイムトライアル(TT)で争われた第1ステージは、ローハン・デニス(オーストラリア、BMC レーシングチーム)が平均速度55km/hを超える驚異的な走りで14分56秒11のタイムを記録しステージ優勝。総合首位の証であるマイヨジョーヌに袖を通した。

最速タイムを記録し、ステージ優勝を飾ったローハン・デニス(写真・砂田弓弦)最速タイムを記録し、ステージ優勝を飾ったローハン・デニス(写真・砂田弓弦)

 ユトレヒト市街を走るコースは、起伏がほぼなく、コーナーが多いレイアウトだ。全ての選手が1分間隔でのスタートとなった。前半にスタートした選手ではロベルト・ヘーシンク(チーム ロットNL・ユンボ)らオランダ勢が好タイムを記録するなか、圧倒的な走りを見せたデニスが他の選手を大きく引き離しトップに立った。

 その後は風向きが変わり、コース後半に吹く向かい風が影響し、デニスのタイムを超える選手は現れない。地元の期待を背負って臨んだトム・ドゥムラン(オランダ、チーム ジャイアント・アルペシン)も8秒遅れの暫定2位でレースを終えた。

2位に終わったトニー・マルティン(写真・砂田弓弦)2位に終わったトニー・マルティン(写真・砂田弓弦)

 TTスペシャリストのトニー・マルティン(ドイツ、エティックス・クイックステップ)は、ドゥムランのタイムを上回るもデニスには5秒及ばず暫定2位。ドイツのビルド紙によると、マルティンはプラスチックコップのようなゴミがバイクに絡まったことがタイムが伸びなかった原因として語ったという。

 ファビアン・カンチェッラーラ(スイス、トレック ファクトリーレーシング)も6秒敵わず、序盤に好タイムを出したデニスがマイヨジョーヌを獲得した。ステージ上位にはポイントがつき、デニスは25歳なので、ポイント賞であるマイヨヴェールと新人賞のマイヨブランも同時に手に入れた。

マイヨ・ジョーヌを着たローハン・デニス(写真・砂田弓弦)マイヨ・ジョーヌを着たローハン・デニス(写真・砂田弓弦)
スタート地点へ向かうナイロアレクサンデル・キンタナ(写真・柄沢亜希)スタート地点へ向かうナイロアレクサンデル・キンタナ(写真・柄沢亜希)

 総合優勝争いの有力候補として注目される選手では、クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)がトップから50秒遅れで、アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)が58秒、ナイロアレクサンデル・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム)が1分1秒遅れと僅差。昨年総合優勝したヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)は最終走者として登場し、フルームを7秒上回るタイムで、ライバルたちをわずかにリードしてレースを終えている。

ステージ22位でゴールしたヴィンチェンツォ・ニバリ(写真・砂田弓弦)ステージ22位でゴールしたヴィンチェンツォ・ニバリ(写真・砂田弓弦)

 5日の第2ステージはユトレヒトからゼーラントまで、オランダ国内を走る166kmの距離で争われる。平坦な海沿いのコースだけに、風をいかに攻略するかがポイントだ。スプリンターを擁するチームによる争いが見所となる。

(文 松尾修作/写真 砂田弓弦、柄沢亜希)

第1ステージ結果
1 ローハン・デニス(オーストラリア、BMC レーシングチーム) 14分56秒
2 トニー・マルティン(ドイツ、エティックス・クイックステップ) +5秒
3 ファビアン・カンチェッラーラ(スイス、トレック ファクトリーレーシング) +6秒
4 トム・ドゥムラン(オランダ、チーム ジャイアント・アルペシン) +8秒
5 ヨス・ファンエムデン(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +15秒
6 ホナタン・カストロビエホ(スペイン、モビスター チーム) +23秒
7 マティアス・ブランドレ(オーストリア、イアム サイクリング) +23秒
8 アドリアーノ・マローリ(イタリア、モビスター チーム) +29秒
9 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +30秒
10 スティーヴン・カミングス(イギリス、MTN・クベカ) +32秒

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 ローハン・デニス(オーストラリア、BMC レーシングチーム) 14分56秒
2 トニー・マルティン(ドイツ、エティックス・クイックステップ) +5秒
3 ファビアン・カンチェッラーラ(スイス、トレック ファクトリーレーシング) +6秒
4 トム・ドゥムラン(オランダ、チーム ジャイアント・アルペシン) +8秒
5 ヨス・ファンエムデン(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +15秒
6 ホナタン・カストロビエホ(スペイン、モビスター チーム) +23秒
7 マティアス・ブランドレ(オーストリア、イアム サイクリング) +23秒
8 アドリアーノ・マローリ(イタリア、モビスター チーム) +29秒
9 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +30秒
10 スティーヴン・カミングス(イギリス、MTN・クベカ) +32秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 ローハン・デニス(オーストラリア、BMC レーシングチーム) 20 pts
2 トニー・マルティン(ドイツ、エティックス・クイックステップ) 17 pts
3 ファビアン・カンチェッラーラ(スイス、トレック ファクトリーレーシング) 15 pts

新人賞(マイヨブラン)
1 ローハン・デニス(オーストラリア、BMC レーシングチーム) 14分56秒
2 トム・ドゥムラン(オランダ、チーム ジャイアント・アルペシン) +8秒
3 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +30秒

チーム総合
1 チーム ロットNL・ユンボ 46分6秒
2 トレック ファクトリーレーシング +3秒
3 BMC レーシングチーム +8秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2015 ツール2015・レースレポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載