死亡事故を受け保護者から要望愛媛県立高校の生徒3万人にヘルメットを無償配布 7月から自転車通学時の着用義務化

  • 一覧
配布されたヘルメットを着用する松山東高の生徒たち=松山市配布されたヘルメットを着用する松山東高の生徒たち=松山市

 愛媛県内のすべての県立学校で自転車通学する生徒のヘルメット着用の義務化が7月1日からスタートし、それを前に各校で6月30日、約3万人の生徒にヘルメットが無償配布された。高校生の自転車での死亡事故が相次いだことを受けて、県高校長協会などが義務化を決めた。学校関係者は自転車の事故防止やマナーの向上を期待している。

 ヘルメット着用の義務化は昨年、自転車の高校生が亡くなる交通事故が2件あり、保護者から着用を求める声が寄せられたことなどがきっかけ。愛媛県教育振興会が全生徒にヘルメットを無償で配布し、約9千万円の経費のうち県が約3千万円を助成した。

 ヘルメットの贈呈式がこの日、県内65校であった。松山東高校(松山市持田町)では約1000人の全校生徒らが出席。同協会長を務める藤田繁治校長が「自らの命は自らで守るという意識を持ち、ヘルメット着用という役割を担ってほしい」と呼びかけ、生徒会長の2年、大西翔君(17)が同振興会の泉谷睦美理事長からヘルメットを受け取った。

 生徒たちは配布されたヘルメットを着用して下校。1年の渡部美来さん(15)は「自転車通学の際、ヘルメットを着用しないのが中学生と高校生の違いだったが、自転車通学での危険が少なくなるのなら着用は仕方ない」。3年の黒河柊太君(17)は「部活はラグビーをしていたのでヘッドギアと同じで気にならない。いつも通り安全に乗りたい」と話した。

 県警によると、2014年に県内で起きた自転車事故による高校生の負傷者は139人。今年に入ってからは29日現在で56人に上るという。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 愛媛県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載