土井雪広、畑中勇介らが絶妙アシストUKYO勢のチームワークで窪木一茂が独走ゴール 全日本ロード・男子エリート詳報

  • 一覧

 レースの最終局面を、チームUKYOが完全に支配した。栃木県那須郡那須町で6月28日に行われた「全日本選手権自転車競技大会ロードレース」の男子エリートは、再三アタックを繰り出したUKYO勢から、ラスト1kmで窪木一茂が抜け出すことに成功。最後は独走で優勝を決め、ロードでは自身初の日本チャンピオンジャージに袖を通した。2位にはチームメートの畑中勇介が入り、UKYO勢がワン・ツーフィニッシュで締めくくった。(文・福光俊介 写真・田中苑子、福光俊介、米山一輝)

全日本選手権ロードレースの男子エリートで表彰台に立った窪木一茂(中央)、畑中勇介と長女の紅香ちゃん(左)、増田成幸全日本選手権ロードレースの男子エリートで表彰台に立った窪木一茂(中央)、畑中勇介と長女の紅香ちゃん(左)、増田成幸

経験に裏打ちされた自信 台頭する若い選手たち

スタートを待つ増田成幸(宇都宮ブリッツェン)。地元・栃木県のレースで、チーム悲願の全日本タイトルを狙うスタートを待つ増田成幸(宇都宮ブリッツェン)。地元・栃木県のレースで、チーム悲願の全日本タイトルを狙う

 大会の華でもある男子エリートは、那須町・大田原市・那須塩原市にまたがる16kmの周回コースを15周、240kmで争われた。平坦な部分が見当たらないほどの起伏の連続だが、近年のコースのように長い上りはないため、レース展開次第であらゆる脚質の選手に勝機が訪れると予想されていた。

 レース前、若い選手たちがモチベーションの高さを見せる。1週間前の全日本選手権個人タイムトライアル(TT)を制した中村龍太郎(イナーメ信濃山形)は、手に入れて間もないTT日本チャンピオンジャージを手にファンとの記念撮影に応じていた。リラックスした様子を見せ、「上りには自信がある。ヒルクライムだと体重がある自分には苦しいが、今回のような上りと下りを繰り返すコースは得意。集団に最後まで残ることができればスプリントで勝負したい。TTとロードの2冠、あるかもしれませんよ!」と意気込んだ。

1週間前、個人タイムトライアル王者に輝いた中村龍太郎(イナーメ信濃山形)1週間前、個人タイムトライアル王者に輝いた中村龍太郎(イナーメ信濃山形)
落ち着いた表情の石橋学(ヴィーニファンティーニ・NIPPO)落ち着いた表情の石橋学(ヴィーニファンティーニ・NIPPO)

 昨年まで2年連続でアンダー23のロードレースを制した徳田鍛造(CCC p/b CHAMPION SYSTEM)は、エリートカテゴリーとなった今年からベルギーを拠点に走っている。ヨーロッパでのUCI1クラスのレースも経験し、タフな展開への適応力を見せている。「調子は良いので、何らかの形でトライをしたい。逃げてレースを動かしてみたい」と話した。

 そして、ジロ・デ・イタリア初出場を果たしたNIPPO・ヴィーニファンティーニの石橋学は、チームメートが自らを含む3人ながらも、レースを組み立てて勝ちにいく自信をのぞかせた。「スプリント力のある(黒枝)士揮さんが集団にいるだけで、ライバルに脅威を与えられる。(山本)元喜さんと自分とでレースを動かして、最終的に士揮さんで勝負できれば。逃げに入って、もしチャンスがあるようなら自分でも勝ちにいきたい」と語った。

スタート前の集団前列には有力選手たちが並んだスタート前の集団前列には有力選手たちが並んだ
選手たちに沿道の観客たちのカメラが向けられる選手たちに沿道の観客たちのカメラが向けられる

レース序盤は19人が先行

 午前9時に号砲が鳴り、レースがスタート。那須町役場までのしばしのパレード走行ののち、アクチュアル(正式)スタートが切られた。直後から逃げ狙いのアタックが次々と発生する。特に積極的なのは、ブリヂストンアンカー サイクリングチームだ。

 大きな動きが起こったのは3周回目。優勝候補数名を含む19人の逃げ集団が形成された。

序盤に形成された大きな逃げ。先頭は山本元喜(ヴィーニファンティーニ・NIPPO)序盤に形成された大きな逃げ。先頭は山本元喜(ヴィーニファンティーニ・NIPPO)
宇都宮ブリッツェンのエース、増田成幸も逃げに加わる宇都宮ブリッツェンのエース、増田成幸も逃げに加わる
今年ジロ・デ・イタリアに出場した石橋学(ヴィーニファンティーニ・NIPPO)も逃げ集団に今年ジロ・デ・イタリアに出場した石橋学(ヴィーニファンティーニ・NIPPO)も逃げ集団に

●逃げのメンバー
ブリヂストンアンカー 西薗良太、井上和郎、初山翔
チームUKYO 土井雪広、平井栄一
宇都宮ブリッツェン 増田成幸、堀孝明
NIPPO・ヴィーニファンティーニ 石橋学、山本元喜
愛三工業レーシングチーム 小森亮平、平塚吉光
那須ブラーゼン 佐野淳哉
KINAN Cycling Team 水野恭兵
Honda栃木 川田優作
Coraggio Kawanishi Cycling Team 豊田勝徳
イナーメ信濃山形 高岡亮寛
チーム OLD NEW 藤田晃三
シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシングチーム 小渡健悟

那須の山々をバックに進む先頭集団那須の山々をバックに進む先頭集団
那須町の市街地を通過するコース設定。玄関先に全日本選手権がやって来た那須町の市街地を通過するコース設定。玄関先に全日本選手権がやって来た
ペースを保ち逃げ続ける先頭集団。周回コースの道路脇には目印となるブルーラインが引かれているペースを保ち逃げ続ける先頭集団。周回コースの道路脇には目印となるブルーラインが引かれている

 有力チームのほとんどが先頭にメンバーを送り込んだことにより、メーン集団がペースダウン。4周回目に入りその差は5分30秒にまで広がった。メーン集団では、この状況を嫌った選手たちが次々とアタック。2、3人程度の追走集団が複数形成された。

 5周回目に入り、逃げていた平塚がパンク。これをきっかけに、ともに先頭集団で走っていた小森もペースダウン。2人でメーン集団へと意識的に戻る形をとった。すると、すぐさま愛三がメーン集団のコントロールを開始。呼応する形でKINAN、マトリックスパワータグ、EQADSから数選手が集団牽引に加わった。逃げグループとのタイム差は、約3分30秒にまで縮まった。

愛三工業を中心に、本格的追走体勢となったメーン集団愛三工業を中心に、本格的追走体勢となったメーン集団
先頭集団からパンクで下がった平塚吉光(愛三工業レーシングチーム)が、今度はメーン集団の先頭で追走の牽引先頭集団からパンクで下がった平塚吉光(愛三工業レーシングチーム)が、今度はメーン集団の先頭で追走の牽引
補給所を通過するメーン集団補給所を通過するメーン集団

 強力メンバーがそろった逃げグループも、簡単には追いつかせたくない。一旦落ち着いていたペースが再び上がると、小渡、藤田、豊田、川田が立て続けに脱落した。8周回目を終えた時点で、メーン集団とのタイム差は1分20秒となった。

 豪華メンバーで構成された逃げグループだったが、9周回目にメーン集団がキャッチ。レースはふりだしに戻った。直後に内間康平(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム)がアタックして抜け出すが、フィニッシュ目前の女子エリートの集団に男子のレースが追いつきそうになったため、ニュートラルが適用されて一時レースが中断された。数十秒のストップの後、元の秒差を保ってレースが再開されたが、流れを止められる形になった内間はすぐにメーン集団に戻り、活性化しかけたレースは一旦リセットされる形になった。

50人の大集団で最終周回に突入

 残り4周を迎えたところで、土井や山本を中心に6人が先行したが、集団がそれを許さない。代わって単独で飛び出したのは、伊丹健治(KINAN Cycling Team)。集団に18秒差をつけて逃げるも、残り2周を前に吸収。約70選手が一団となって突き進む。

最終周回を前にアタックする面手利輝(EQUADS)と、反応する畑中勇介(チームUKYO)、井上和郎(ブリヂストンアンカー)最終周回を前にアタックする面手利輝(EQUADS)と、反応する畑中勇介(チームUKYO)、井上和郎(ブリヂストンアンカー)
残り1周へと突入していくメーン集団。先頭は鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)、その直後を土井雪広(チームUKYO)がマーク残り1周へと突入していくメーン集団。先頭は鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)、その直後を土井雪広(チームUKYO)がマーク

 アタックが散発しながら、いずれも実らず、約50人となった集団がラスト1周の鐘を聞いた。そのまま集団スプリントかと思われたが、残り9kmで11人が飛び出し、メーン集団に30秒のリードを築いた。

●逃げのメンバー
チームUKYO 土井雪広、山本隼
那須ブラーゼン 吉岡直哉
イナーメ信濃山形 高岡亮寛
Lemonade Bellmare Racing Team 才田直人
宇都宮ブリッツェン 増田成幸
愛三工業レーシングチーム 早川朋宏
NIPPO・ヴィーニファンティーニ 山本元喜
EQADS 岡篤志
シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシング 山下貴宏
ウォークライド・シクロアカデミア 青木峻二

 残り5kmを目前としたところで、西薗、鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)、鈴木龍(那須ブラーゼン)が合流。さらには窪木が猛然と追いつき、逃げグループは15人に膨らんだ。

ゴールまでの展開を決めた土井のアタック

最終周回に入ってすぐアタックを仕掛けた井上和郎(ブリヂストンアンカー)最終周回に入ってすぐアタックを仕掛けた井上和郎(ブリヂストンアンカー)

 メーン集団も必死の追撃。先頭集団では10秒差に詰められたところで、土井が単独でアタックに出た。ゴールまで残り数分となった局面で、経験豊富な土井には、そこから起こりうるいくつかの展開が鮮明に見えていた。

 元日本チャンピオンで優勝候補の土井が逃げれば、他チームは懸命に追わなければならない。一方で、土井が逃げ続ける限り、チームメートの山本、窪木、畑中は脚を温存できる。もし土井がゴールまでに吸収されれば、UKYO勢はそこからさらに攻撃を仕掛ければいい。

 そんな土井の読みは的中した。ラスト1kmを迎える前に土井自身は吸収されたが、そのタイミングで畑中が仕掛け、さらに窪木がアタックした。持ち前のスピードでグングンと加速する。後方ではブリッツェンのエース増田が窪木を追ったが、窪木のチームメートの畑中がチェックに入った。もし増田が窪木に追いついても、畑中はいつでも増田を追い抜けるようにピッタリ後ろでマーク。増田を自由に動かせない形勢に持ち込み、窪木の独走をアシストした。

 ラスト500、400、300、200、100mと勝利のカウントダウンを駆け抜けた窪木は、最終コーナーを抜けて後ろを確認すると勝利を確信。最後は両手を広げ、そしてジャージに記されたチームスポンサーを指さして優勝をアピールした。その後ろからは、選手たちがなだれ込むような形でフィニッシュラインへ。窪木から5秒遅れて集団の先頭を獲った畑中もガッツポーズを見せた。

右手を高く掲げてゴールする窪木右手を高く掲げてゴールする窪木
胸のスポンサー名をアピールする窪木胸のスポンサー名をアピールする窪木
2位の畑中に続いてゴールする増田。今年もブリッツェンは全日本のタイトルに手が届かなかった2位の畑中に続いてゴールする増田。今年もブリッツェンは全日本のタイトルに手が届かなかった

「みんなのおかげ」と窪木

 レースを終えてチームメートと抱き合い、勝利の喜びを分かち合ったチームUKYOの面々。窪木は「みんなのおかげ。それしか言葉が出ない」と興奮した様子で、競技役員や記者、カメラマンとも握手を交わして勝利を祝った。ベテランの土井、畑中も相好を崩し、「すべてが上手くいった」と喜んだ。最終局面でのレース展開に加勢した山本は、人目をはばからず涙。「みんな本当によく動いてくれて助かった」と窪木が感謝すると、「今日チームで一番動いていなかったのは窪木だったもんな!」と冗談が飛び交い、チームの輪は笑顔で満ちあふれた。

ワン・ツーフィニッシュを決めた窪木(左)と畑中。がっちり握手ワン・ツーフィニッシュを決めた窪木(左)と畑中。がっちり握手
スタッフと喜び合う窪木スタッフと喜び合う窪木

 表彰式後の記者会見で窪木は、自身か土井で勝負するチームオーダーだったことを明かした。「前夜のミーティングでどちらかで勝負しようと決めた。みんながお前(窪木)で勝とうと言ってくれて、期待に応えること以外何もなかった」と話した。ラスト5km手前で形成された15人の先頭グループに加わった段階で、手応えはあったといい、メーン集団の合流を許してからも、「土井さんが何度も仕掛けて、畑中さんも近くでアシストしてくれていたので、ラスト1kmは自分からロングスプリントに持ち込むことができた。最後の最後も脚には余裕があった」と振り返った。

レース後、「嬉しい悔しさ」をかみしめる畑中レース後、「嬉しい悔しさ」をかみしめる畑中

 2位の畑中は、表彰式で「こんなに嬉しい悔しさは珍しい」と独特の表現でチームメートの勝利を祝福した。山本は常にレース展開に絡み、9位でフィニッシュ。トップ10に3人を送り込んだチームUKYOは、勝負を決定付けるアタックを見せたキャプテンの土井を含め、完勝との印象を与えた。

 「勝った実感がまだなく、今後の目標も思い浮かばない」と語った窪木だが、これから1年間は純白に赤のラインが施された日本チャンピオンジャージをまとい、国内外のロードレースに臨むこととなる。かねてからトラックの中距離種目に力を入れ、現在は日本自転車競技連盟(JCF)の強化指定選手にも名を連ねる。トラックで基礎を固めた選手がロードで活躍する世界的な潮流の中、窪木の快走は日本自転車界とって明るい兆しといえるだろう。

日の丸デザインの日本チャンピオンジャージに袖を通した窪木が、表彰台中央に立つ。平成生まれの初の、男子エリートロード王者となった日の丸デザインの日本チャンピオンジャージに袖を通した窪木が、表彰台中央に立つ。平成生まれの初の、男子エリートロード王者となった

男子エリート(240.0km)
1 窪木一茂(チームUKYO) 5時間55分33秒
2 畑中勇介(チームUKYO) +5秒
3 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +6秒
4 吉田隼人(マトリックスパワータグ) +7秒
5 鈴木龍(那須ブラーゼン) +7秒
6 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) +8秒
7 黒枝士揮(NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +8秒
8 中島康晴(愛三工業レーシングチーム) +8秒
9 山本隼(チームUKYO) +8秒
10 初山翔(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム) +8秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

全日本ロード2015 全日本ロード2015・レース詳報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載