高松市の中心部を快走大雨のち晴天、暑さとの勝負 「サンポート高松トライアスロン」442人が完走

  • 一覧

 「サンポート高松トライアスロン2015―瀬戸内国際体育祭」(同実行委主催、高松市など共催)が6月21日、高松市のサンポートなど市中心部を会場に開かれた。オリンピック基準の計51.5kmで行われ、香川県内外から男女479人が参加。雨が降ったり、晴れ間がのぞいたりする不安定な天候のなかで選手たちは鉄人レースに挑み、442人が完走した。

高松市の市街地を自転車で疾走する出場選手たち高松市の市街地を自転車で疾走する出場選手たち

 スイム(水泳)は高松港護岸沿いの周回コース750mを2周、続くバイク(自転車)は目抜き通りの中央通り5kmを8周する40kmで実施。最後のラン(走り)は灯台近くの2.5kmを4周し、順位やタイムを競った。

 レースは午前7時のスタート直後から大雨となったが、沿道からの応援を受け、選手たちは懸命に駆け抜けた。後半は晴れ上がり、暑さとの勝負となったレースに力を出し尽くした選手たちが次々に完走のテープを切った。

 トライアスロンの大会に100回以上出場しているという高松市の公務員、幸野利彦さん(50)は「水泳は波がうねっていてきつかったけれど、ランは天気になって気持ちよかった」と、余裕の表情を見せていた。

◇         ◇

 競技結果は次の通り(各3位まで、敬称略)

【男子総合】1位:栗原正明(27)=山梨県 2位:三宅真一(39)=香川県 3位:福家脩平(20)=東京都
【女子総合】1位:北吉舞(40)=奈良県 2位:殿山添代(53)=広島県 3位:植村多美(43)=香川県
【リレー】1位:香川県庁Aチーム~かがやくけん、かがわけん。~ 2位:グランドグループ・てっぺん 3位:SNP(新日本印刷)A

産経ニュースより)

関連記事

この記事のタグ

イベント トライアスロン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載