男子U17+U15は篠田幸希がスプリントを制圧【速報】全日本選手権ロードレースが開幕 女子ジュニアは梶原悠未が圧勝で2連覇

  • 一覧

 自転車ロードレースの日本一を決める「全日本選手権自転車競技大会ロードレース」が6月27日、栃木県那須町で開幕した。午前中はジュニア世代のレースが行われ、女子ジュニア+U17は梶原悠未(筑波大学付属坂戸高校)が2連覇を達成。男子U17+U15は篠田幸希(前橋工業高校)が優勝した。

独走で女子ジュニア2連覇を飾った梶原悠未(筑波大学付属坂戸高校)独走で女子ジュニア2連覇を飾った梶原悠未(筑波大学付属坂戸高校)

 梶原は今年2月のアジア選手権で、ロードレースを含む4種目で金メダルを獲得するなど、現在女子ジュニアで無敵の存在だ。この日も3周回のレースの1周目から独走となり、2年連続の圧勝劇で栄冠に輝いた。

 男子U17+U15のレースは、最終の4周目に入る時点で26人の集団。最後は約20人のゴールスプリントを制して、篠田幸希(前橋工業高校)が優勝した。

男子U17+U15を制したのは篠田幸希(前橋工業高校)男子U17+U15を制したのは篠田幸希(前橋工業高校)

 この日の午後は、男子のジュニアとU23のレースが行われる。

女子ジュニア+U17(48.0km)
1 梶原悠未(筑波大附属坂戸高校) 1時間19分20秒
2 細谷夢菜(浦和工業高校) +1分19秒
3 内村舞織(南大隅高校)

男子U17+U15(64.0km)
1 篠田幸希(前橋工業高校) 1時間36分45秒
2 日野泰静(チームグロシャ) +0秒
3 石井洋輝(白河実業高校)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

全日本ロード2015 全日本ロード2015・速報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載