いまだ未決定の自転車競技会場東京五輪BMX、MTBの会場は東京か伊豆で「最終の詰め」 連盟の橋本聖子会長が明らかに

  • 一覧
招致段階では、有明にベロドロームとBMXコースが設けられる計画だった招致段階では、有明にベロドロームとBMXコースが設けられる計画だった

 日本自転車競技連盟の橋本聖子会長は6月23日、まだ決まっていない2020年東京五輪のBMX、マウンテンバイクの会場候補が、当初計画の東京都江東区と、静岡県伊豆市に絞られたことを明らかにした。「ほかの場所でやることはない」と述べた。

 招致段階ではBMX、マウンテンバイクともに江東区の仮設コースで実施する計画だったが、大会組織委員会はトラック種目を含む3種別について伊豆市への会場変更を検討。トラック種目は伊豆市で実施する方向となったが、国際自転車連合(UCI)は残り2種別の東京開催を求め、千葉市の幕張も視察していた。橋本会長は7月末からクアラルンプールで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会に向け「最終の詰めに入っている」と語った。(共同)

MTBコースは中央防波堤外側埋立地に設けられる計画だったMTBコースは中央防波堤外側埋立地に設けられる計画だった
伊豆ベロドロームは周辺にBMX、MTBコースも備える(小林廉撮影)伊豆ベロドロームは周辺にBMX、MTBコースも備える(小林廉撮影)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載