マトリックスパワータグがツアー4連勝トリビオがJプロツアー「富士山ヒルクライム」で独走勝利 ルビーレッドは畑中勇介に

  • 一覧

 国内ロードレース最高峰のシリーズ戦、Jプロツアーの今季第9戦となる「JBCF富士山ヒルクライム」が6月21日、静岡県小山町のふじあざみラインで行われ、ホセビセンテ・トリビオ(スペイン、マトリックスパワータグ)がレース中盤以降に独走して優勝した。シリーズ戦の首位の証となるルビーレッドジャージは、畑中勇介(チームUKYO)へと移った。

濃霧が立ち込めるゴールに独走で飛び込んだホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)が41分34秒で優勝濃霧が立ち込めるゴールに独走で飛び込んだホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)が41分34秒で優勝
舞台は日本を代表する激坂、標高差1200mのふじあざみライン舞台は日本を代表する激坂、標高差1200mのふじあざみライン

 舞台は日本を代表する「激坂」のふじあざみライン。富士山五合目までを一気に駆け抜ける、全長11.4km、標高差1200mのコースだ。平均勾配は10%を超え、特に中盤過ぎからは平均18%、最大22%の区間が続く。Jプロツアーの記録は2013年にトリビオがマークした40分52秒。日本人選手では森本誠(イナーメ信濃山形)が2010年に42分11秒を記録している。

 スタート後はチームUKYO、宇都宮ブリッツェン、そしてマトリックスパワータグ勢がペースを作り、3kmの直線区間を30人ほどで通過。ここからトリビオが先頭に立つと、ベンジャミン・プラデス(マトリックスパワータグ)と早川朋宏(愛三工業レーシングチーム)の3人の争いに。中間点過ぎるとさらにトリビオが加速して独走に持ち込み、41分34秒でフィニッシュした。

 トリビオ自身は2週間前の栂池に続いて2連勝、チームは4月の群馬CSCロードレースからじつに4連勝と波に乗る。

3km地点、トリビオがハイペースで集団を牽引3km地点、トリビオがハイペースで集団を牽引
ルビーレッドジャージは畑中勇介(チームUKYO)へ移ったルビーレッドジャージは畑中勇介(チームUKYO)へ移った
Fクラスタは男子顔負けの54分05秒で樫木祥子(Neilpryde - Nanshin Subaru Cycling 駒澤大学)が優勝Fクラスタは男子顔負けの54分05秒で樫木祥子(Neilpryde - Nanshin Subaru Cycling 駒澤大学)が優勝
FクラスタはNeilpryde - Nanshin Subaru Cycling 駒澤大学が表彰台独占FクラスタはNeilpryde - Nanshin Subaru Cycling 駒澤大学が表彰台独占

P1クラスタ結果
1位 ホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)41分34秒
2位 ベンジャミン・プラデス(マトリックスパワータグ)+1分12秒
3位 早川朋宏(愛三工業レーシングチーム)+1分16秒
4位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)+2分16秒
5位 ダニエル・ホワイトハウス(チームUKYO)+2分24秒
6位 才田直人(レモネードベルマーレレーシングチーム)+2分40秒
7位 畑中勇介(チームUKYO)+2分43秒
8位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+2分44秒
9位 山本隼(チームUKYO)+2分57秒
10位 小清水拓也(レモネード・ベルマーレ レーシングチーム)+3分19秒

Jプロツアーリーダー(ルビーレッドジャージ)
畑中勇介(チームUKYO)

U23リーダー(ピュアホワイトジャージ)
新城雄大(那須ブラーゼン)

Fクラスタ結果
1位 樫木祥子(Neilpryde – Nanshin Subaru Cycling 駒澤大学)54分05秒
2位 ドス・サントス・サンドラ(Neilpryde – Nanshin Subaru Cycling 駒澤大学)+5分17秒
3位 新谷瑛里(Neilpryde – Nanshin Subaru Cycling 駒澤大学)+5分56秒

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

JPT2015・レース Jプロツアー Jプロツアー2015

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載