【Teamユキヤ通信】ルート・ドゥ・スッド第4ステージ新城幸也がコカールの大会2勝目をアシスト 「完全復活」宣言でツールのメンバー入りへ

  • 一覧

 フランスのステージレース「Route du Sud」(ルート・ドゥ・スッド)の最終第4ステージが6月21日に開かれ、新城幸也(チーム ヨーロッパカー)はチームメートのブライアン・コカール(フランス)の今大会2勝目をアシストし、トップと同タイムの73位でゴールした。これで新城はツール・ド・フランス前のレースをすべて終え、メンバー選考を待つことになった。

アルベルト・コンタドールらと最前列から笑顔でスタートを切る新城幸也(Photo Miwa IIJIMA)アルベルト・コンタドールらと最前列から笑顔でスタートを切る新城幸也(Photo Miwa IIJIMA)

 
最終日ということもあり、ステージ優勝を狙うチームが、逃げ切りを狙ってレース序盤からアタック合戦を繰り広げた。ヨーロッパカーも必ず逃げに入るという作戦だったので、新城が積極的にアタックし、逃げグループの形成を試みた。しかし、総合リーダージャージのアルベルト・コンタドール(スペイン)擁するティンコフ・サクソがそれを許さなかった。

前から3番目に位置する新城幸也。ティンコフ・サクソ  は常に前方でアタックに反応しマークする(Photo Miwa IIJIMA)前から3番目に位置する新城幸也。ティンコフ・サクソ は常に前方でアタックに反応しマークする(Photo Miwa IIJIMA)

 ティンコフ・サクソとしては、後半に逃げを吸収する際に一緒に集団を牽引してくれるような、強力なチームを逃げには乗せたくない。そのためヨーロッパカーだけは逃がすなという指示が出て、新城の逃げには厳しいチェックが入った。

 長いアタック合戦の末、60km地点で10人の逃げグループが形成され、チームヨーロッパカーはそのなかにジェローム・クザンを乗せることに成功した。これで、ヨーロッパカーはエーススプリンターのコカールを集団の中で温存しながら走れるようになった。

 ティンコフ・サクソをはじめ集団スプリントに持ち込みたいチームが逃げを吸収するためにスピードを上げ、終始ハイスピードなレース展開になった。逃げている10人も粘りを見せたが、ゴールまで残り2kmで吸収された。

 集団が一つになると、アシストの選手たちがコカールを前方に引き上げる。そこからはコカールがスプリント力の差を見せつけて2勝目を挙げ、マイヨヴェール(ポイント賞)も獲得した。総合ではコンタドールがリードを守り切って優勝を飾った。新城は集団内の73位でゴールし、総合100位。新城はレースの感想を次のように語り、復調を宣言した。

大会2勝目を挙げたブライアン・コカール。後ろにはアシストのアンジェロ・テュリクの姿も(Photo Miwa IIJIMA)大会2勝目を挙げたブライアン・コカール。後ろにはアシストのアンジェロ・テュリクの姿も(Photo Miwa IIJIMA)
総合優勝はアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)総合優勝はアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)

 「ブライアンの2勝目は、最高にうれしい。自分は前半のアタック合戦に全力を注いで、だいぶ他のチームを消耗させたと思う。やはりレースを走っていると日に日に感触が戻ってきて、コンディションが上がっているという手応えを感じることができた。これでけがからの完全復活です」

 新城はツール・ド・フランスまでに与えられたレースをすべて終了。ヨーロッパカーのツール出場メンバーの発表は、各国のナショナル選手権が開かれる28日以降で、新城が出場できるかどうかは未定だ。けがによりスケジュール変更を余儀なくされ、レース数が限られた中でやるべきことはやった新城。あとはチームの判断を待つだけだ。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載