国内2番目のブランド専門店プレミアムな世界観を提示 「アソス プロショップ トーキョーウエスト」東京・世田谷にオープン

by 上野嘉之 / Yoshiyuki KOZUKE
  • 一覧

 スイスのサイクリングウェアブランド「ASSOS」(アソス)の専門店「ASSOS PROSHOP TOKYOWEST」(アソス プロショップ トーキョーウエスト)が6月20日、東京・世田谷にオープンした。初日はオープニングパーティーが開かれ、アソス本社のアジアパシフィック担当マネジャー、マーカス・オードさん(Marcus Oord)らがブランドの魅力をアピールした。

「ASSOS PROSHOP TOKYOWEST」オープニングのテープカットを行う(右から)アソス本社アジア担当マネージャーのマーカス・オードさん、小川正樹店長、森稔TOKYOlife代表、ダイアテックプロダクツの櫻井耕太社長「ASSOS PROSHOP TOKYOWEST」オープニングのテープカットを行う(右から)アソス本社アジア担当マネージャーのマーカス・オードさん、小川正樹店長、森稔TOKYOlife代表、櫻井耕太ダイアテックプロダクツ社長

「アソスの機能性だけでなくデザイン性も伝えたい」

「アソス プロショップ トーキョーウエスト」は、サイクルウェア・アクセサリー専門店「TOKYO Wheels 三宿店」の2階にオープンした「アソス プロショップ トーキョーウエスト」は、サイクルウェア・アクセサリー専門店「TOKYO Wheels 三宿店」の2階にオープンした

 同店は国内2店舗目となるアソスウェア専門店。三宿(みしゅく)通りに面したサイクルウェア・アクセサリー専門店「TOKYO Wheels 三宿店」の2階にオープンした。アソスの輸入を手がけるダイアテックプロダクツと、TOKYO Wheelsを運営するTOKYOlife社が共に運営を手がける。

 店内では最新モデルが一堂に展示され、高級・高性能サイクルウェアとして名高いアソスの価値や世界観を、専門スタッフらが提示していく。

「アソス プロショップ トーキョーウエスト」の店内。初日はオープニングパーティーが開かれた「アソス プロショップ トーキョーウエスト」の店内。初日はオープニングパーティーが開かれた
店内の壁には、スイス・ナショナルチームをはじめ、アソスのウェアを着て活躍するトップチーム・選手の写真が展示されている店内の壁には、スイス・ナショナルチームをはじめ、アソスのウェアを着て活躍するトップチーム・選手の写真が展示されている
アソスの機能性とデザイン性をアピールしたアジア担当マネージャーのマーカス・オードさんアソスの機能性とデザイン性をアピールしたアジア担当マネージャーのマーカス・オードさん

 このショップのオープンに合わせて日本に長く滞在し、市場動向などのマーケティングも行っているマーカスさんは、Cyclistの取材に対し「2020年の東京五輪開催に向けて、ちょうどいいタイミングにアソスプロショップを開店できた。ここから日本のサイクリングシーンを盛り上げていきたい」と意気込みを語った。

 また、アソス製品の本格展開を目指す森稔TOKYOlife代表は、「日本のサイクリストの間で、アソスの機能性は知られていても、デザイン性の高さなどはまだ伝わっていない」と語り、ブランドのイメージアップや認知度向上に努める考えという。また、店員にはジャケット着用を推奨するなど、接客などでもプレミアムなサービスを提供していく方針だ。

店舗に掲げるアソスプロショップの認定証をアピール店舗に掲げるアソスプロショップの認定証
店内で販売されているアソスのサイクルウェア店内で販売されているアソスのサイクルウェア

余裕あるレイアウトでじっくり品定め

 店内には、アソスのサイクルジャージ、ショーツ、アンダーウェア、グローブやソックス、アクセサリーなどが余裕のあるレイアウトで並べられ、来店者がじっくり品定めできるよう配慮されている。シャツなどの素材や縫製を手にとって確かめると、アソスの技術力や品質を実感することができる。

アンダーウェア類も、すべて高機能素材が用いられ、プレミアム感たっぷりアンダーウェア類も、すべて高機能素材が用いられ、プレミアム感たっぷり
こちらはレース仕様の半袖ジャージ。ルクセンブルク、イギリス、ベルギー、フランスなど各国の国旗がモチーフにされているこちらはレース仕様の半袖ジャージ。ルクセンブルク、イギリス、ベルギー、フランスなど各国の国旗がモチーフにされている
股ズレを防ぐシャモアクリームや、ウェアの汚れ落とし、iPhoneケースといった小物・アクセサリー類も取り扱っている股ズレを防ぐシャモアクリームや、ウェアの汚れ落とし、iPhoneケースといった小物・アクセサリー類も取り扱っている
アソスブランドのアイウェア。上部の弦(つる)がなく、視認性が高いデザインだ。価格は50,000円アソスブランドのアイウェア。上部の弦(つる)がなく、視認性が高いデザインだ。価格は50,000円
グローブ、ソックス、アームカバーなども充実しているグローブ、ソックス、アームカバーなども充実している

 また、スイス本社のテストチームが使用しているという、オリジナルブランド「GOOMAH」(グーマー)のバイクフレームやヘルメットなども、顧客のオーダーに応じて販売するという。マネージャーのマーカスさん自身もグーマーの愛用者で、今回も日本に持ち込んでサイクリングを楽しんでいる。

スイス本社のテストチームが使用しているロードバイク(フレーム)も受注販売で取り扱うスイス本社のテストチームが使用しているロードバイク(フレーム)も受注販売で取り扱う
アソスのファンという夫婦がパーティーを訪れ、マーカスさんと記念撮影アソスのファンという夫婦がパーティーを訪れ、マーカスさんと記念撮影

 オープニングパーティーには、マーカスさんの友人でアソスの大ファンという夫妻がロードバイクで自走して駆けつけ、新店舗の船出を祝福した。夫妻そろってアソスの魅力は「第一にデザイン。そして機能性と開発力」といい、「他のブランドより高価でも、それに見合う価値があるので着続けている」と語っていた。

ASSOS PROSHOP TOKYO WEST

東京都世田谷区三宿1丁目3-23 クラールハイト三宿Ⅰ 2F
東急田園都市線「池尻大橋」、「三軒茶屋」駅下車 共に徒歩8分
又は各線「渋谷」駅から東急、小田急バス「三宿」バス停下車 徒歩1分
OPEN:12:00-20:00(月定休)
TEL:03-6706-4687

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アソス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載