大会・イベント情報2015「ツール・ド・三陸」10月11日開催 片山右京さん、グレッグ・レモンさんが出場へ

  • 一覧

 岩手県の三陸海岸を舞台とする復興支援イベント「ツール・ド・三陸 サイクリングチャレンジ2015 in りくぜんたかた・おおふなと」が10月10、11日に開催される。4回目を迎える今大会では、従来からの「健脚コースA/B」、「ファミリーコース」に加え、山越えを含む「健脚 Mountain コース」を新設。昨年より約400人多い計1500人を募集する。エントリー受付は6月20日に始まった。

東日本大震災の被災地を走る「ツール・ド・三陸」 (写真は2014年大会)東日本大震災の被災地を走る「ツール・ド・三陸」 (写真は2014年大会)

ホストライダーは日向涼子さん

 ツール・ド・三陸は2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた東北・三陸エリアの復興と町づくりを応援し、地域振興と広域観光の推進を継続的にサポートすることを目指している。震災翌年の9月に初開催され、毎年続けられてきた。

 今年の大会には、元F1レーサーでチームUKYO監督の片山右京さんが初出場するほか、ツール・ド・フランス総合優勝3回を誇る伝説のサイクリスト、グレッグ・レモンさんも3年連続出場を予定。また、モデルの日向涼子さんが大会ホストライダーを務め、キャスターの山田玲奈さんも参加する。

「ツール・ド・三陸」を疾走するグレッグ・レモンさん(右)と日向涼子さん (写真は2014年大会)「ツール・ド・三陸」を疾走するグレッグ・レモンさん(右)と日向涼子さん (写真は2014年大会)
片山右京さん片山右京さん
日向涼子さん(左)と山田玲奈さんモデルの日向涼子さん(左)とキャスターの山田玲奈さん

三陸の現状を見て、体感

壊れたままの防潮堤を目の当たりにし、震災の爪痕を痛感する参加者ら =岩手県大船渡市(2014年大会)壊れたままの防潮堤を目の当たりにし、震災の爪痕を痛感する参加者ら =岩手県大船渡市(2014年大会)

 ツール・ド・三陸はタイムを競うレースではなく、子供から大人まで幅広い人たちが三陸の現状を見て、体感し、この地の青い海と緑豊かな自然を味わいつつサイクリングを楽しむイベントだ。大会ではサイクリングリーダーを伴うグループごとに各コースを走る。

 新設される「健脚 Mountain コース」(50.2km)は、スタートから10.6km地点で標高236mの山越えが組み込まれているのが特徴。他にもコース全域でアップダウンが多く、獲得標高は862mに及ぶ。「健脚コースA/B」(48.2km)も、獲得標高は735mとなかなか厳しいレイアウトだ。ファミリーコース(22km)は、上りが少なく、スポーツサイクルの初心者や、子供連れの家族でも出場しやすい。

前日際では、子供向けの自転車教室も開催される (写真は2014年大会)前日際では、子供向けの自転車教室も開催される (写真は2014年大会)
スタート地点に集まった参加者たち (写真は2014年大会)スタート地点に集まった参加者たち (写真は2014年大会)

■「ツール・ド・三陸 サイクリングチャレンジ2015」開催概要

【開催場所】岩手県陸前高田市内及び周辺コース
【スタート&ゴール会場】陸前高田市役所前駐車場
【開催日程】2015年10月10日(土)~11日(日)
10日(土):前日祭
11日(日):走行イベント、子供自転車教室
【参加種目】「健脚 Mountain コース」(50.4km)、「健脚(A/B)コース」(48.2km)、「ファミリーコース」(22km)
※開催時期の道路状況によりルートは変更の可能性もあり。
【参加者数】1500名予定(健脚コース1200名、ファミリーコース300名)
※上記以外にサイクリングリーダーなどスタッフ約200名
【主催】ツール・ド・三陸2015実行委員会
※構成団体:陸前高田市観光物産協会、陸前高田商工会、陸前高田商工会青年部、陸前高田青年会議所、陸前高田市青年団体協議会、陸前高田市建設業協会、チームたかた
【共催】陸前高田市、一般社団法人グッド・チャリズム宣言プロジェクト
【協力】チームUKYO

健脚 Mountain コース健脚 Mountain コース
健脚A/Bコース健脚A/Bコース
ファミリーコースファミリーコース

■募集要項(抜粋)
【募集人数】1500名
【参加資格】小学生以上の健康な男女で、各コースを制限時間内で完走できる走力を有する方。(通常の自転車走行速度は平均時約15km程度です)
※小・中学生の申し込みは保護者の同伴が必要です
※18歳未満の申し込みは保護者の同意が必要です
【参加費用】
◇健脚 Mountain コース 9,000円(7/31まで)、10,000円(8/1~9/11)
◇健脚コース 8,300円(7/31まで)、9,300円(8/1~9/11)
◇ファミリーコース 4,000円(7/31まで)、5,000円(8/1~9/11)
※別途エントリー手数料がかかります
※プログラム参加費、記念品、特別補償保険料を含む
※参加申込後のキャンセルは、参加費の返金は致しかねます
【応募開始】6月20日(土)
【応募締切】9月11日(金)ただし 定員になり次第締め切ります
【申し込み】公式サイト及びスポーツエントリーのエントリーサイトから申し込む
公式サイト http://www.tour-de-sanriku.com/

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント ツール・ド・三陸

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載