見せかけのブレーキレバー許さぬ 「BMX」で公道走行の会社員摘発

  • 一覧
摘発された会社員が乗っていた、ブレーキのない自転車摘発された会社員が乗っていた、ブレーキのない自転車

 ブレーキのない競技用自転車「BMX(バイシクル・モトクロス)」で公道を走行したとして、大阪府警旭署は10日、道交法違反(制動装置不良自転車運転)容疑で守口市外島町の男性会社員(28)を摘発した。会社員は3月にもブレーキのない自転車「ピスト」で公道を走ったとして交通切符(赤切符)を2度交付されており、悪質性が高いとして府警は近く書類送検する方針。

 ■悪質な3度目「偽装すればOK、と教わった…」

 ブレーキがあると偽装するため、見せかけのブレーキレバーを取り付けており、会社員は同署に対し「友達から、カムフラージュしていると摘発されないと聞いた」などと話しているという。

 同署によると、会社員は10日午前8時15分ごろ、守口市内の市道をBMXで走行したとされる。地面に足を付けて停車していたのを同署員が見つけ、ブレーキがないことが発覚した。

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載