バイクインプレッション2015「TREK CROSSRIP LTD」 オンロードで快適な油圧式ディスク搭載のシティコミューター

  • 一覧

 アメリカの総合バイクブランド、トレックは、ロードやMTBなどの競技カテゴリだけでなく、ロングランモデルの「FXシリーズ」をはじめとするフィットネスバイクも人気。今回はドロップハンドルのバイクながら、マドンやドマーネとはジャンルの異なるフィットネス・クロスバイクカテゴリの「クロスリップ」をチョイス。振動吸収に優れたIsoZoneロードハンドルバーと油圧式ディスクブレーキを採用した、天気や路面を気にせず走り続けられる実用的コミューターバイクだ。

TREK CROSSRIP LTD(トレック クロスリップ LTD)TREK CROSSRIP LTD(トレック クロスリップ LTD)

TREK CROSSRIP LTD(トレック クロスリップ LTD)
価格:199,000円(完成車、税込)
サイズ:49、52、54
カラー:Ball Burnished
問い合わせ先:トレック・ジャパン http://www.trekbikes.co.jp

スペック

フレーム:100シリーズ アルファアルミ
フォーク:ボントレガー サテライトプラス、カーボンディスクマウント
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ・ティアグラ 50×34T、スラム・PG-1050 11-32T(10s)
ホイール:ボントレガー・TLR ディスク
ブレーキ:TRP HY/RD ケーブル/ハイドロ ディスクブレーキ 160mm
重量: 10.20kg(54サイズ完成車、ペダルなし)

ワイヤー引きで油圧式キャリパーを動作させる、ハイブリッドタイプのディスクブレーキを採用。高い制動力で、雨の日の水たまりやぬかるみでも安心して走れるだろうワイヤー引きで油圧式キャリパーを動作させる、ハイブリッドタイプのディスクブレーキを採用。高い制動力で、雨の日の水たまりやぬかるみでも安心して走れるだろう
路面の振動を減衰する独自のパッド一体型のハンドルバーを採用。便利な補助ブレーキレバーも付く。車体全体はオレンジのスモールパーツで統一路面の振動を減衰する独自のパッド一体型のハンドルバーを採用。便利な補助ブレーキレバーも付く。車体全体はオレンジのスモールパーツで統一
100シリーズアルファアルミを採用するフレームは、フェンダーや太いタイヤを付けてもつま先が当たらないジオメトリーを採用。ワイヤはフレーム内蔵式だ100シリーズアルファアルミを採用するフレームは、フェンダーや太いタイヤを付けてもつま先が当たらないジオメトリーを採用。ワイヤはフレーム内蔵式だ

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm

米山 シクロクロスバイクとも異なる、トレックのディスクブレーキ採用のモデル。トレックからもこのようなカラーパーツ類が楽しいカスタムっぽいバイクが出ているのは面白いね。大メーカーらしからぬ見た目だけど、これはこれでいい感じ。

松尾 クロームのフレームに、オレンジアルマイトのパーツが使用されていてカッコイイですね。レーシーなコンセプトではありませんので、ルックスも乗り味もいい意味で力が抜けていて、この扱いやすさが好きになりました。

米山 うん。剛性を高くすることよりも、コンフォートに振っている。安定性は良好で、踏み出しも軽いと感じたよ。

松尾 ええ。このカテゴリのほかのバイクが少し硬めだったり、乗り心地がもう少し良ければいいなと思っていた部分があったので、クロスリップの高すぎない剛性と高いコンフォート性能は、このバイクのコンセプトにしっかり寄り添っていました。

米山 特にオンロードの乗り心地の良さは印象的だったね。クロスリップは街乗りの快適さに特化している。“ヨーイ、ドン”の競争で実際に速く走るかはさておき、街中で素早く快適な移動ができるバイクだと思う。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

松尾 そうですね。レーシーなコンセプトであればもっとパリッと硬くてもいいのかもしれませんが、快適な移動が目的であればこの剛性感の方が気持ちがいいです。一気にスピードを上げるのは苦手ですが、BB付近の剛性が高くないように感じて、良い意味で抜けるポイントがあったので、踏み込んでも反発を感じずに脚がスッと回り、気持ち良くペダリングをできました。

米山 今回は他の車両と同様にビンディングペダルで試乗したけれど、この完成車にはアルマイトオレンジのフラットペダルが付属する。その辺りもコミューター、街乗りというコンセプトに一貫性が感じられるね。 ロードレース用と違って、シティライド向けは一口にシティと言っても幅広いスタイルが存在するから、ブランドによって製品のアイデアが大きく異なっていて面白いね。これは街乗りの快適さが最大の特徴で、とても扱いやすいバイク。一方で長い上り下りを攻めるとかいうのであれば、たぶん別のバイクを選んだほうがいい。

松尾 油圧式ディスクブレーキ採用なので、悪天候でも制動力は信頼できますし、前傾姿勢もキツくないので、毎日の通勤・通学にもいいですね。フェンダーマウントもあるのでさらに万能なコミューターへと手を加えることもできるでしょう。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


関連記事

この記事のタグ

15~20万円のロードバイクトレック(TREK)のロードバイク

15~20万円 トレック バイクインプレッション ロードバイク 街乗り向け自転車

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載