“命を守るアイテム”広めたい「ヘルメットをかぶって」 シャ乱Q・まことさんらが「自転車ヘルメット委員会」発足

  • 一覧

 安全な自転車利用のためヘルメット着用推進に取り組む「自転車ヘルメット委員会」の発足記者発表会が6月10日、東京都港区のOVE南青山で開かれ、ロックバンド「シャ乱Q」のまことさんとフリーアナウンサーの富永美樹さん夫妻ら発足メンバーが出席。「ヘルメットは命を守るアイテム」「ヘルメットはカッコいいという認識を広めたい」などと活動の狙いを語った。

「自転車ヘルメット委員会」のメンバー(左から)増田寛也さん、富永美樹さん、まことさん、疋田智さん「自転車ヘルメット委員会」のメンバー(左から)増田寛也さん、富永美樹さん、まことさん、疋田智さん
発表会に出席した(左から)増田寛也さん、まことさん、富永美樹さん、疋田智さん発表会に出席した(左から)増田寛也さん、まことさん、富永美樹さん、疋田智さん

 自転車死亡事故による損傷部位の統計では、頭部が64%という大半を占めているという。しかし現状では、自転車利用時にヘルメットを着けていない人の割合が圧倒的に多い。そこで自転車ヘルメット委員会は、ヘルメット着用に消極的な自転車利用者の意識改善を目指して発足した。

 10年来のサイクリストであるまことさんは、自転車で転倒して頭をぶつけた時に「『パキーン』とヘルメットが割れて命を救ってくれたことがある」といい、ヘルメットの重要性を身をもって体感したそうだ。また「プロ選手のようにカッコよくかぶりたくて、上下逆さにしたアイウェアをヘルメットに差しています」というこだわりのかぶり方を紹介した。

 富永さんは、帽子のように見えるヘルメットをかぶって登場し「カジュアルなファッションにも似合うヘルメットがあることを、みなさんに知ってもらいたい」とアピール。車道を走っていて怖い思いをすることもあるという富永さんにとって「ヘルメットはお守りのようなもの」と語った。

まことさんはヘルメットにアイウェアを装着したスタイルで登場まことさんはヘルメットにアイウェアを装着したスタイルで登場
帽子のようなヘルメットをアピールした富永美樹さん帽子のようなヘルメットをアピールした富永美樹さん

 元総務大臣の増田寛也さんは「大人が率先してヘルメットをかぶることが、大人を手本とする子供たちの命を救うことにつながる」と、自転車利用者に呼びかけた。自転車ツーキニストとして知られるテレビプロデューサーの疋田智さんは「中高生に工事用ヘルメットを着用させる地域があるが、おしゃれに気を使う世代の彼らにこそ、カッコよくて機能的なヘルメットを使って欲しい」と、ヘルメットを若年層に浸透させるためのアイデアを披露した。

まことさん(先頭)らがヘルメットをかぶった姿で街中を走行まことさん(先頭)らがヘルメットをかぶった姿で街中を走行
ヘルメットをかぶって走行する富永美樹さんらヘルメットをかぶって走行する富永美樹さんら

 委員会の最初の取り組みとして「自転車ヘルメットかぶろう アイデアコンテスト」が実施される。「自転車ヘルメットをかぶる人をもっと増やすにはどうしたらよいか」をテーマに、1000文字以内でアイデアを募集する。

 賞品は、委員会の運営事務局を務めるワイ・インターナショナルのスポーツサイクル専門店「ワイズロード」が提供。最優秀賞(1点)には、ワイズロードの取り扱い商品30万円分、優秀賞(3点)には7万円分が贈呈される。募集期間は6月10日から7月10日23時まで。応募方法や提出するアイデアの内容など、コンテスト詳細は下記のリンクから。

「自転車ヘルメット委員会」メンバー(敬称略)

まこと(ミュージシャン)、富永美樹(フリーアナウンサー)、増田寛也(元総務大臣)、疋田智(テレビプロデューサー)、リサ・ステッグマイヤー(タレント)、鶴見辰吾(俳優)、三浦雄一郎(プロスキーヤー)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載