教員は特殊ゴーグルで酩酊体験宇都宮の中学校で自転車安全利用教室 ブリッツェンの選手が指導

  • 一覧
「自転車安全利用教室」で生徒に指導する青柳憲輝選手 =9日午後、宇都宮市大谷町の市立城山中学校(豊嶋茉莉撮影)「自転車安全利用教室」で生徒に指導する青柳憲輝選手 =9日午後、宇都宮市大谷町の市立城山中学校(豊嶋茉莉撮影)

 宇都宮市大谷町の市立城山中学校で6月9日、自転車安全利用教室が開かれた。

 同校生徒約330人が参加。凹凸のある板や細い橋が設置されたコースを自転車で通り、運転技術やルールを学んだ。酩酊(めいてい)状態を再現するゴーグルをかけ、自転車をこぐ教員を生徒が応援する一幕もあった。

 講師として、宇都宮ブリッツェンの青柳憲輝(かずき)選手と運営会社の柿沼章社長が参加し、生徒らが自転車を運転する様子を見ながらアドバイスをした。

 3年の上野知佐(ちさ)さん(14)は「剣道部なので防具を乗せて自転車に乗ることがあったが、危なかったかもしれない。塀で見えない死角が通学路にあるので、これからは一時停止して確認していく」と話した。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 宇都宮ブリッツェン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載