8時間ソロの「鉄人クラス」もママチャリで「8耐」…サーキット激走に満足! 千葉・袖ケ浦スピードウェイ

  • 一覧
声援を力にママチャリをこぐ参加者ら =7日、袖ケ浦市の袖ケ浦フォレストレースウェイ(林修太郎撮影)声援を力にママチャリをこぐ参加者ら =7日、袖ケ浦市の袖ケ浦フォレストレースウェイ(林修太郎撮影)

 千葉県袖ケ浦市の袖ケ浦スピードウェイで6月7日、スポーツタイプなどではない一般的な自転車「ママチャリ」を運転し、8時間内でコースを何周するか競うレースが行われた。県内外から101のチーム・個人が出場。男女計約791人が参加した。

 チーム出場者は2~10人が交代しながら運転。コスプレを楽しむ姿もあり、サーキットは活気であふれた。8時間を1人で運転する「鉄人クラス」に出場した八千代市の会社員、君塚守さん(42)は「とても疲れたけれど充実感があって、来年もやりたくなります」と満足げだった。1周2.4キロのコースを108周するチームもあったという。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載