増田成幸のコースレコードを49秒更新トリビオがJプロツアー「栂池高原ヒルクライム」で独走優勝 マトリックス勢がツアー3連勝

  • 一覧

 Jプロツアーの今季第8戦となる「JBCF栂池高原ヒルクライム」が6月7日、長野県北安曇郡小谷村の栂池高原特設コースで開催され、ホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)が47分31秒のコースレコードで優勝した。Jプロツアーリーダーは前戦までと変わらずパブル・ウルタスン(チームUKYO)が保持している。

ホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)が47分31秒のコースレコードで優勝ホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)が47分31秒のコースレコードで優勝
86人が快晴のもとスタート86人が快晴のもとスタート
絶景が広がる栂池高原絶景が広がる栂池高原

 距離17.1kmで標高差1200mをかけ上がる、平均勾配7%の栂池高原ヒルクライム。序盤の10%の上りのあと平坦となり、ふたたび上りに転じるペース配分の難しいコースだ。これまでのコースレコードは2011年に増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が出した48分20秒。朝から快晴で、会場近くからは残雪が輝く白馬三山の絶景が広がる。

4km地点、すでに先頭は3人の戦いに4km地点、すでに先頭は3人の戦いに

 序盤の急坂区間を経て先頭集団は6人に絞られた。メンバーはトリビオ、ベンジャミン・プラデス(マトリックスパワータグ)、増田、堀孝明(宇都宮ブリッツェン)、土井雪広(チームUKYO)、雨澤毅明(那須ブラーゼン)。トリビオがほぼ先頭固定で引き、増田、プラデスとの3人になり、さらにペースを上げたトリビオが独走態勢となり、コースレコードで優勝した。

 2位の増田は自身の持つコースレコードにあと2秒と迫る好タイムだったが、コースレコードを49秒縮めたトリビオには歯が立たなかった。マトリックスパワータグは3位に安原大貴、4位にプラデスが入り、チームの好調ぶりをアピール。Jプロツアーでは第6戦の群馬、第7戦の熊野に引き続いての3連勝となった。

7km地点の第2集団7km地点の第2集団
Fクラスタは樫木祥子(Neilpryde - Nanshin Subaru Cycling)が1時間01分59秒で優勝Fクラスタは樫木祥子(Neilpryde - Nanshin Subaru Cycling)が1時間01分59秒で優勝
P1クラスタ表彰。(左から)2位の増田、優勝のトリビオ、3位の安原P1クラスタ表彰。(左から)2位の増田、優勝のトリビオ、3位の安原
U23リーダーは新城雄大(那須ブラーゼン)がキープU23リーダーは新城雄大(那須ブラーゼン)がキープ
Fクラスタ表彰Fクラスタ表彰

P1クラスタ結果
1位 ホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)47分31秒
2位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+50秒
3位 安原大貴(マトリックスパワータグ)+2分07秒
4位 ベンジャミン・プラデス(マトリックスパワータグ)
5位 才田直人(レモネード・ベルマーレレーシングチーム)+2分16秒
6位 城田大和(宇都宮ブリッツェン)+2分23秒
7位 田窪賢次(マトリックスパワータグ)+2分33秒
8位 土井雪広(チームUKYO)+2分34秒
9位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)+2分42秒
10位 山下貴宏(シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDA)+3分06秒

Jプロツアーリーダー(ルビーレッドジャージ)
パブロ・ウルタスン(チームUKYO)

U23リーダー(ピュアホワイトジャージ)
新城雄大(那須ブラーゼン)

Fクラスタ結果
1位 樫木祥子(Neilpryde – Nanshin Subaru Cycling)1時間01分59秒
2位 ドス・サントス・サンドラ(Neilpryde – Nanshin Subaru Cycling)+4分39秒
3位 伊藤圭菜子(フィッツ)+5分03秒

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

関連記事

この記事のタグ

JPT2015・レース Jプロツアー Jプロツアー2015

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載