UCI幹部が視察も合意に至らず東京五輪会場計画見直し、自転車トラック、BMX、MTBの伊豆市変更提案を見送りへ

  • 一覧

 2020年東京五輪の会場計画見直しで、自転車のトラック種目とBMX、マウンテンバイク(MTB)の3種別を静岡県伊豆市に変更する案について、大会組織委員会が6月7日からの国際オリンピック委員会(IOC)理事会での提案を見送る見通しとなったことが、関係者の話で分かった。

緑豊かな伊豆の山奥に位置する「伊豆ベロドローム」(小林廉撮影)緑豊かな伊豆の山奥に位置する「伊豆ベロドローム」(小林廉撮影)

 国際自転車連合(UCI)は、BMXとMTBの東京開催を要望している。関係者によると、UCI幹部が5日に伊豆市を視察し、地形や周辺環境をチェックした。組織委と協議したが合意には至らず、話し合いを継続することになった。

 関係者は「今回の視察を経て、もう少し時間がかかることになった」と説明した。組織委は、承認されていない会場変更をIOC理事会(ローザンヌ)に提案する方向で最終調整している。

 IOC理事会では、東京五輪大会組織委員会の森喜朗会長らが8日に会場計画見直しなどの現状を報告する。(共同)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載