日本初「サドルプレッシャーマッピング」導入トレックのフィッティング専門スタジオが京都にオープン ビンセント・フラナガン氏が主宰

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド「TREK」(トレック)が提供するスポーツサイクルのフィッティングサービスの専門スタジオ「Pedalforth Fitting」(ペダルフォース・フィッティング)が6月5日、京都市左京区にオープンした。主宰するのは、日豪で活躍した元プロサイクリストのビンセント・フラナガン氏。同日夕にはオープニングパーティーが開かれ、フラナガン氏は「京都のサイクリストの間に、新しいフィッティングの文化を根付かせたい」と意気込みを語った。

「ペダルフォース・フィッティング」でデモンストレーションを行うモデルの日向涼子さんとトレック・ジャパンの野口忍さん =6月5日夕、京都市左京区「ペダルフォース・フィッティング」でデモンストレーションを行うモデルの日向涼子さんとトレック・ジャパンの野口忍さん =6月5日夕、京都市左京区

「インターネットではできないサービス」

 ペダルフォース・フィッティングは、トレックが生み出したフィッティングプログラム「トレック・プレシジョン・フィット」を広く提供するために設立された。京都市内にはトレックのコンセプトストアも展開されているが、ゆったりとしたスペースで専門的なフィッティングサービスを提供するために、別の店舗としてペダルフォース・フィッティングがスタートした。

フィッティングの効能を語ったトレックジャパンの田村芳隆社長フィッティングの効能を語ったトレックジャパンの田村芳隆社長
ペダルフォース・フィッティングを主宰するビンセント・フラナガン氏。1990年代に大活躍した伝説的なレーサーだペダルフォース・フィッティングを主宰するビンセント・フラナガン氏。1990年代に大活躍した伝説的なレーサーだ

 パーティーでは、トレック・ジャパンの田村芳隆社長が「フィッティングは決してインターネットではできないサービス。フィッティングを提供できるショップを増やしていきたい」とあいさつ。続いて、トレック・ユーザーとしてモデルの日向涼子さんがデモンストレーションに臨み、サドルの各部位にかかる圧力や、左右ペダリングバランスなどを測定する様子が披露された。

測定の様子のデモンストレーション測定の様子のデモンストレーション
マシンでのペダリング時のデータがコンピューターに転送され、可視化されるマシンでのペダリング時のデータがコンピューターに転送され、可視化される
サドルにかかる圧力を可視化した画面サドルにかかる圧力を可視化した画面

 フィッティングを体験した日向さんは、「データがすぐに(パソコン画面で)見られるので、わかりやすい」と感心した様子だった。「フィッティング後に違和感が出た場合は?」との日向さんに質問に、フラナガンさんは「フィッティングから数週間でこちらから電話をかけて様子を確認する。アフターサービスも行っていく」と説明した。

お尻の悩みを解決へ

ライダーの前の画面には、左右のペダリングの出力がリアルタイムで表示され、バランスを知ることができるライダーの前の画面には、左右のペダリングの出力がリアルタイムで表示され、バランスを知ることができる

 同店では、トレック・プレシジョン・フィットの理論に基づき、個々のサイクリストの経験値や目的に応じて、ロードバイク、トライアスロンバイク、マウンテンバイクなどに最適な乗車姿勢を導き出す。特に、バイク乗車時にサドルにかかる圧力を解析する「サドルプレッシャーマッピング」を日本で初めて導入。サドル各部への圧力分布を可視化することで、サドル選びやポジショニングを最適化することができ、お尻の痛みなどを抱えるサイクリストの悩みを解決していくという。またサドルプレッシャーマッピングは、前後重心バランスを判断するためにも活用される。

 世界最高峰のUCI(国際自転車競技連合)ワールドツアーを戦うトレック・ファクトリー・レーシングの選手たちも、このトレック・プレシジョン・フィットの理論に基づき、最も力を発揮できるポジションに調整しているという。

トレックプレシジョンフィットのみが提供するサドルプレッシャーアナリシス(圧分析ツール) ©Trek Bicycleトレックプレシジョンフィットのみが提供するサドルプレッシャーアナリシス(圧分析ツール) ©Trek Bicycle
サドルプレッシャーマッピングのデータ ©Trek Bicycleサドルプレッシャーマッピングのデータ ©Trek Bicycle
ハムストリングの柔軟性を測定 ©Trek Bicycleハムストリングの柔軟性を測定 ©Trek Bicycle
胴体から腕の角度を計測しハンドル距離を決定 ©Trek Bicycle胴体から腕の角度を計測しハンドル距離を決定 ©Trek Bicycle
モーションキャプチャー動画をPCにて解析 ©Trek Bicycleモーションキャプチャー動画をPCにて解析 ©Trek Bicycle

フィッターは日豪で活躍した剛脚レーサー

オーナーのビンセント・フラナガン氏 ©Trek Bicycleオーナーのビンセント・フラナガン氏 ©Trek Bicycle

 ペダルフォース・フィッティングを主宰するビンセント・フラナガン氏は、オーストラリア出身の元プロサイクリスト。長年、トレックのサポートを受けて日本やオーストラリアのマウンテンバイク・クロスカントリーレースで数々の勝利を収め、日豪のサイクリングシーンの牽引役として活躍した。引退後は、米国でマッサージセラピストの資格を取得し、マッサージセラピストやサイクリングツアーガイドとして活動しつつ、トレック・プレシジョン・フィットの講師も務めている。

ペダルフォース・フィッティングの外観 ©Trek Bicycleペダルフォース・フィッティングの外観 ©Trek Bicycle

 ペダルフォース・フィッティングは今後、トレック・プレシジョン・フィットを全国に広げていくために、フィッターを養成するトレーニングセンターとしての役割も持つという。

 ペダルフォース・フィッティングは完全予約制で、モーションキャプチャー(動画解析ツール)を使用したロードフィットは3万円、通常のロードフィットは2万円、サドルプレッシャーアナリシス(サドル圧力解析)は5千円で提供される。


■Pedalforth fitting (ペダルフォース・フィッティング)の概要
住所:京都市左京区北白川東久保田町10-1第二白川ハイツ104
電話:075-722-7674
フィッター:ビンセント・フラナガン
営業時間:完全予約制のため、利用者の都合にあわせた予約が可能
予約方法:電話か、ウェブサイトの予約ページで予約する

ビンセント・フラナガンさん(右)と日向涼子さんビンセント・フラナガンさん(右)と日向涼子さん

関連記事

この記事のタグ

ショップ トレック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載