【Teamユキヤ通信】新城幸也が6月4日からのステージレース「ブークル・ド・ラ・マイエンヌ」で復帰へ

  • 一覧
治療とリハビリに励んできた新城幸也(Photo: Miwa IIJIMA​)治療とリハビリに励んできた新城幸也(Photo: Miwa IIJIMA )

 4月26日のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュで落車し、ケガの治療とリハビリを続けていた新城幸也(チーム ヨーロッパカー)が、6月4〜7日にフランスのペイ・ド・ロアー地域で開催される4日間のステージレース「ブークル・ド・ラ・マイエンヌ(UCI2.2)」でレースに復帰する。

 このレースは2006年に当時のチーム・バンの一員として出場し、チームメートの福島晋一氏がポイント賞ジャージを着用、また弟の福島康司氏が総合優勝するのをアシストしたという、新城にとって思い入れのある大会。新城自身も「復帰レースにはぴったりだと思う」と話している。

 まだリハビリを続けながらの参戦。新城は「本格的に追い込んで走れていないので、まずは様子を見ながら。これだけ休んだ後のレースだから、前半はきっと苦しむことになるだろう」と語っており、ケガからどこまで回復しているのか、手探りの中でのレース出場となる。

 しかし新城にとっては、7月のツール・ド・フランスに間に合うとチームの首脳陣に印象付ける走りが求められる。新城も「ここでしっかり復活をアピールしなければならない、大切なレースだと思っているので頑張ります」と意気込んでいる。ツールに向けての戦いは、すでに始まっているのだ。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載