6月7日から全8ステージをライブ&見逃し配信“ツール前哨戦”クリテリウム・ドゥ・ドーフィネが「J SPORTS LIVE+オンデマンド」に登場

  • 一覧

 ツール・ド・フランスの前哨戦として強豪選手たちが集結する「クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ」が6月7日に開幕する。スカパー!オンデマンドが展開する、パソコンやスマートフォン、タブレット端末でスポーツ番組を視聴できる「J SPORTS LIVE+オンデマンド」では、ドーフィネの全8ステージをライブ配信。レース終了後も番組を視聴できる見逃し配信を行う。

ほぼ山岳ステージの8日間

クリテリウム・デュ・ドーフィネ2015 ルートマップ © A.S.O.クリテリウム・デュ・ドーフィネ2015 ルートマップ © A.S.O.

 フランスを舞台とするドーフィネは、同じく6月に開催されるツール・ド・スイスと並び“ツール前哨戦”として知られるステージレースだ。例年、山岳ステージとタイムトライアルだけで8日間が構成され、アルプス山脈の急峻な峠が数多く登場する。スプリンターやパンチャーにも多くのチャンスがあるツール・ド・スイスに対し、ドーフィネはオールラウンダーやクライマーが得意とするコースレイアウトが特徴といえる。

 特にツールで総合上位を目指す有力選手たちは、スイスではなくドーフィネに参戦する傾向があり、2012年のブラッドリー・ウィギンス(イギリス、当時スカイ プロサイクリング)、13年にはクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)がドーフィネでの総合優勝を足がかりに、そのままツールも制覇している。

ニバリやフルーム ツールを狙うエースが集結

2014年のツール・ド・フランスを制したヴィンチェンツォ・ニバリ(ツール・ド・フランス2014)<写真・砂田弓弦>2014年のツール・ド・フランスを制したヴィンチェンツォ・ニバリ(ツール・ド・フランス2014)<写真・砂田弓弦>

 今年も各チームのエースたちがドーフィネへの参戦を予定している。2014年のツールを圧倒的な強さで制覇したヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)をはじめ、13年のツール王者であるフルーム、グランツールの総合表彰台で常連のアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム)、ホアキン・ロドリゲス(スペイン、チーム カチューシャ)ら豪華な顔ぶれがそろう。彼らがツールさながらの総合争いを繰り広げるなかで、万全のコンディションなのか、あるいは7月に向けて調整段階なのか、各選手のコンディションをうかがうことも観戦のポイントとなる。

2013年のドーフィネとツールを制したクリストファー・フルーム(ツール・ド・フランス2013)<写真・砂田弓弦>2013年のドーフィネとツールを制したクリストファー・フルーム(ツール・ド・フランス2013)<写真・砂田弓弦>
アルデンヌクラシックで2勝を飾るなど、シーズンの前半から好調なアレハンドロ・バルベルデ(リエージュ~バストーニュ~リエージュ2015)<写真・砂田弓弦>アルデンヌクラシックで2勝を飾るなど、シーズンの前半から好調なアレハンドロ・バルベルデ(リエージュ~バストーニュ~リエージュ2015)<写真・砂田弓弦>
4度目の出場となった2015年のジロ・デ・イタリアを完走した別府史之<写真・砂田弓弦>4度目の出場となった2015年のジロ・デ・イタリアを完走した別府史之<写真・砂田弓弦>

 5月9~31日に開催されたジロ・デ・イタリアを完走したばかりの別府史之(トレック ファクトリーレーシング)も、ドーフィネ出場を予定している。チームの総合エース、バウケ・モレマ(オランダ)をアシストするだけでなく、自身の勝利を目指す攻めの走りに期待したい。

 また、4月のレース中に負ったけがから復帰し、ツール出場を目指す新城幸也(チーム ヨーロッパカー)のチームメート、トマ・ヴォクレールやピエール・ローランらフランス人エースたちの走りもチェックしよう。

第7ステージは1級山岳5つの難コース

クリテリウム・デュ・ドーフィネ2015 第3ステージ © A.S.O.クリテリウム・デュ・ドーフィネ2015 第3ステージ © A.S.O.

 山岳ステージだけでなく、第3ステージのチームタイムトライアルも注目だ。平坦区間が少ない24.5kmのコースで、後半は緩やかな上り基調になっている。ドーフィネの、そしてツールの総合優勝争いに向けて、チーム力が試されるステージになる。

 第5ステージ以降は全て上りゴールとなり、本格的な山岳での戦いが繰り広げられる。なかでも第7ステージは6つの山岳のうち5つが1級山岳で、しかも最後は1級の頂上ゴールという厳しいコースプロフィール。最終第8ステージも、1級山岳頂上ゴールが設定されている。

クリテリウム・デュ・ドーフィネ2015 第7ステージ © A.S.Oクリテリウム・デュ・ドーフィネ2015 第7ステージ © A.S.O
クリテリウム・デュ・ドーフィネ2015 第8ステージ © A.S.O.クリテリウム・デュ・ドーフィネ2015 第8ステージ © A.S.O.

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ ライブ配信予定
放送日:6月7日~14日
「クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ」ライブ配信詳細ページ

J SPORTS LIVE+オンデマンド

■サイクルロードレース観戦仲間を増やそう

 サイクルロードレースは展開のゆったりした時間が多く、誰かと会話しながら、レース展開に動きがあったら一緒に盛り上がる、というのが楽しみ方の一つ。「友達と一緒にレース中継を見たい!」と思ったことのあるファンも多いはずだ。

仕事の休憩中に、J SPORTS LIVE+オンデマンドで同僚に「Cycle*2014ツール・ド・フランス総集編」を見せるCyclistの男性スタッフ仕事の休憩中に、J SPORTS LIVE+オンデマンドで同僚に「Cycle*2014ツール・ド・フランス総集編」を見せるCyclistの男性スタッフ

 J SPORTS LIVE+オンデマンドは、スマートフォンやタブレット端末があればどこでも視聴でき、見逃し配信でいつでもレースを見られるのが便利なポイント。そのメリットを、観戦仲間を増やすのに生かしてみてはどうだろうか?

 スポーツ観戦が好きな人や、「スポーツバイクには乗っているけれど、レースは見たことがない」という自転車乗りに、J SPORTS LIVE+オンデマンドを見せながらサイクルロードレースの魅力を紹介してみよう。

 世界最大のステージレースであるツール・ド・フランスに向けて観戦仲間を増やすなら、フランス国内の山岳地帯を走るクリテリウム・ドゥ・ドーフィネは、楽しさや雰囲気を伝える“予習”にぴったり。仲間が増えれば、いつでもどこでも見られるJ SPORTS LIVE+オンデマンドとの相乗効果で、楽しみ方もさらに広がるだろう。

<sponsored by J SPORTS>

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

J SPORTS UCIワールドツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載