日本チャンピオンを決める大一番那須高原のアップダウン攻略がカギ 「全日本選手権」ロードレース&TT観戦ガイド

  • 一覧

 日本チャンピオンを決める「全日本自転車競技選手権大会ロードレース」が栃木県那須町と那須塩原市で6月27、28日に、また「全日本選手権個人タイムトライアル(TT)ロードレース大会」が大田原市で21日に開催される。いよいよ今月下旬に迫った大一番を前に、レース展開を左右するコースの特徴や、おすすめ観戦ポイントなどを確認し、現地での観戦に生かそう。

全日本選手権タイムトライアルの試走 ©YUKIO MAEDA/M-WAVE全日本選手権タイムトライアルの試走 ©YUKIO MAEDA/M-WAVE

ロードレースの展開を左右する6つの上りセクション

上川の交差点から先はJR 東北本線と平行するため運がよければ選手と列車の写真が撮影できる ©YUKIO MAEDA/M-WAVE上川の交差点から先はJR 東北本線と平行するため運がよければ選手と列車の写真が撮影できる ©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 全日本ロードは今年で第84回を迎えるが、実は関東地方で開催されるのは初めて。27日には男女のアンダー23以下のクラス、28には男女のエリートのレースが行われ、選手たちは観光地としても名高い那須地域内の特設コースを駆け抜ける。

 ロードレースのコースは那須町と那須塩原市にまたがり、那須町の中心市街地エリアと、この地域特有のアップダウンに富んだ区間で構成されている。1周15.9kmで、男子エリートは238.5km(15周)、女子エリートは111.3km(7周)で争われる。

大平坂は下り区間の間に設定された500mの上り大平坂は下り区間の間に設定された500mの上り

 コース中には、選手の脚を削る登坂距離500m~900mの上りセクションが6つ存在し、耐久力が試される。特に周回コース終盤に連続して現れる上りは、勝敗を分けるアタックポイントとなりそうだ。

 タフな上り区間の合間には当然、高速を維持しなければならない下り区間も多く含まれる。このようにペースの上下が激しいコースでは、序盤の逃げ集団に選手を送り込んだり、勝負どころでメーン集団を牽引したりしてレース展開をコントロールできるチームが有利といえそうだ。

コース中最高難易度の西坂の上り。道幅が広く、歩道上での観戦がおすすめだが、熱中症や風雨に注意 ©YUKIO MAEDA/M-WAVEコース中最高難易度の西坂の上り。道幅が広く、歩道上での観戦がおすすめだが、熱中症や風雨に注意 ©YUKIO MAEDA/M-WAVE
最終周で余力を残した選手たちがスプリントを繰り広げることが予測される下川の上り。Y字路の分岐地点はおすすめ観戦ポイントのひとつ最終周で余力を残した選手たちがスプリントを繰り広げることが予測される下川の上り。Y字路の分岐地点はおすすめ観戦ポイントのひとつ
「全日本選手権ロードレース」コースマップ「全日本選手権ロードレース」コースマップ

■「全日本選手権ロードレース」レース概要
1周=15.9km、獲得標高差241m
総距離:男子エリート 238.5km(15周)、男子U23 159km(10周)、男子ジュニア 111.3km(7周)男子U17+U15 63.6km(4周)、女子エリート 111.3km(7周)、女子J+U17 47.7km(3周)

「全日本選手権ロードレース」コースプロフィール「全日本選手権ロードレース」コースプロフィール

主な上りセクション

セクションNo 登坂区間名 登坂距離(標高差)平均斜度 難易度
セクション④ 大平坂 500m(33m)6.6% ☆☆
セクション⑦ 西坂の上り 600m(44m)7.3% ☆☆☆
セクション⑧ 黒川橋の上り 800m(45m)5.6% ☆☆
セクション⑩ 豊岡の上り 500m(29m)5.8% ☆
セクション⑪ 法師畑の上り 900m(39m)4% ☆☆
セクション⑫ 下川の上り 700m(32m)4.6% ☆

TTコースは終盤に11.5%の急勾配

スタート・ゴール地点へ向かう、ふれあいの丘南。最終周には必死の形相でラストスパートをかける選手たちの姿が見られる ©YUKIO MAEDA/M-WAVEスタート・ゴール地点へ向かう、ふれあいの丘南。最終周には必死の形相でラストスパートをかける選手たちの姿が見られる ©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 個人TTは大田原市ふれあいの丘周辺特設コースを舞台に、男子エリートが37.2km(3周)、女子エリートは24.8km(2周)、それ以外のカテゴリーとパラサイクリングは12.4km(1周)で行われる。

 特設コースは「ふれあいの丘」の名の通り、丘の上に設定されたスタート・ゴール地点を基点として、市内を走る直線平坦基調のライスライン(大田原広域農道)を中心とする構成だ。

ファミリーマート前交差点を過ぎると長い平坦基調のライスラインへと突入する ©YUKIO MAEDA/M-WAVEファミリーマート前交差点を過ぎると長い平坦基調のライスラインへと突入する ©YUKIO MAEDA/M-WAVE
じゃすぽーと大田原SS前の折返し地点では中間計測が行われる。近くにはセブンイレブンがある ©YUKIO MAEDA/M-WAVEじゃすぽーと大田原SS前の折返し地点では中間計測が行われる。近くにはセブンイレブンがある ©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 コースはスタートから高速のダウンヒルを経て、箒川(ほうきがわ)にかかる小種島大橋を越えてライスラインを進んでいく。5.2km過ぎで折り返して再び小種島大橋を渡ってから、登坂距離260m、平均勾配11.5%のふれあいの丘線を越えてゴールする。

ふれあいの丘線は選手の前に立ちはだかる“壁”。坂の頂上での応援が、選手たちの背中を押す ©YUKIO MAEDA/M-WAVEふれあいの丘線は選手の前に立ちはだかる“壁”。坂の頂上での応援が、選手たちの背中を押す ©YUKIO MAEDA/M-WAVE
福原の交差点は、なるべく速度を落さないようにクリアしたいコーナー ©YUKIO MAEDA/M-WAVE福原の交差点は、なるべく速度を落さないようにクリアしたいコーナー ©YUKIO MAEDA/M-WAVE

 優勝を争ううえで、平坦な直線基調のライスラインでどれほどタイムを伸ばせるか、また終盤に立ちはだかるふれあいの丘の上りでどれほど耐えられるかがポイントになるだろう。平坦区間が長くパワーのあるライダーに有利なコースレイアウトにも見受けられるが、急勾配をクリアできる登坂力も欠かせない。

 過去の全日本選手権TTのコースと比べても変化に富んでいるため、ライダーにとってペースを作るのが難しいコースといえるだろう。

「全日本選手権タイムトライアル」コースマップ「全日本選手権タイムトライアル」コースマップ

「全日本選手権タイムトライアル」レース概要
1周=12.4km
男子エリート 37.2km(3周)
女子エリート 24.8km(2周)
その他のTT、パラサイクリングカテゴリー 12.4km(1周)

観戦には駅や駐車場から自転車移動が便利

「全日本選手権ロードレース」の会場アクセス情報「全日本選手権ロードレース」の会場アクセス情報

 ロードレース、TTともに大会当日はレース・イベント会場周辺道路が車両通行止めになる。そのため大会実行委員会は、シャトルバスか自転車、徒歩での来場を呼びかけている。

 那須のロードレース会場では、JR黒磯駅および那須りんどう湖LAKEVIEW、東京計器株式会社那須工場、東陽中学校の各駐車場からシャトルバス(有料)が発着する。

 車両通行止めの区間も、競技コース上を除いて自転車で走行できる。会場にはサイクルラックが用意されており、スタート・ゴール地点から離れた場所での観戦には自転車での来場がお勧めだ。また、自転車で会場内を移動するサイクリストのための駐車場が、大島小学校、朝日小学校、田代友愛小学校に設けられる。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

全日本ロード2015

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載