バイクインプレッション2015「GIANT REVOLT 2」 汎用性の高い遊び倒したくなるエンデュランス系グラベルバイク

  • 一覧

 業界を牽引する世界的なバイクブランド、ジャイアントは、オンロード・オフロードともにラインナップが豊富で、あらゆるジャンルのバイクが揃う。加えて、舗装路も未舗装路も走れるクロスオーバーな商品カテゴリ「X-ロード」を充実させてきた。今回試乗したのは、「X-ロード」カテゴリのエンデュランス系モデル「REVOLT 2」。山道やダートを突き進むためのグラベルバイクだが、フルラップフェンダーやリアキャリアに対応する汎用性の高さも魅力だ。

GIANT REVOLT 2(ジャイアント リボルト2)GIANT REVOLT 2(ジャイアント リボルト2)

GIANT REVOLT 2(ジャイアント リボルト2)
価格:125,000円(完成車、税抜)
サイズ:430(XS)、450(S)、470(M)、490(ML)mm
カラー:ダークグレイ
問い合わせ先:ジャイアント http://www.giant.co.jp/giant15/

スペック

フレーム:ALUXX SLグレード アルミ OLD135mm
フォーク:アドバンスドグレード コンポジット、アルミ オーバードライブ コラム
変速機:シマノ・ソラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・ソラ 30×39×50T、11-32T(9s)
ホイール:GIANT S-X2(リム)+ FORMULA DISC(ハブ)
重量: 10.70kg(Sサイズ完成車)

ダートを駆け抜けることを前提として、ダウンチューブに装備されたオリジナルのマッドガードダートを駆け抜けることを前提として、ダウンチューブに装備されたオリジナルのマッドガード
泥汚れから守るため、FメカのケーブルガイドがBB上の高い位置に付く泥汚れから守るため、FメカのケーブルガイドがBB上の高い位置に付く
ディスクブレーキはTRP製のワイヤー引きを採用。フレームの取付位置の裏は肉抜き加工がされているディスクブレーキはTRP製のワイヤー引きを採用。フレームの取付位置の裏は肉抜き加工がされている

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm

米山 手頃な価格で手に入れられるグラベルバイクだけれど、中身は充実。フェンダーがダウンチューブに最初から付いているのは嬉しい仕様だ。

松尾 補助レバーも付いていましたね。ハンドル上部を持ちながらブレーキコントロールができるので、気持ちにも余裕が生まれて安全に走れます。

米山 「REVOLT 2」は見た目以上にMTBっぽく感じられた。35Cのタイヤを装備していたけれど、断面形状の影響か、もっとボリューム感がある。乗車ポジションや乗り味に関しても、かなりMTB寄りという印象を受けたよ。

松尾 そうですね。ドロップハンドルではあるけれど、MTBに乗っているようなフィーリングでした。レーシーではないが、素材の剛性感は出ています。なので、乗り心地はあまり良くない印象を受けました。フレーム素材だけでなく、タイヤのグリップ感からそう感じたのかもしれません。

米山 うん。乗り心地は、タイヤの太さによる良好なショック吸収性は感じられたけれど、フレーム自体はけっこうガッチリしていた。印象が良かったのは、本体重量は決して軽い部類ではないのに、乗ると思いのほかスイスイ進むところ。どこでも走れるツーリングバイクという印象だった。

松尾 ロードバイクに求めるような加速の鋭さはありません。でもその分、シクロクロスバイクよりさらに余裕を感じさせる乗り味でした。クイック感やシビアな挙動を感じないところが、MTBっぽいのかもしれません。全体のバランスは良いので、初心者でも扱いやすいと思います。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

米山 ロードバイクに乗り慣れている人はタイヤ断面でサイドのエッジが立っている部分があるので、オンロードのコーナーで倒すと少々「おっと」という感覚になるかも。ロードタイヤの丸い形状に慣れているボクはそうだった。

松尾 なるほど。タイヤはオンロードも軽快に転がるパターンを採用するシュワルベのスマートサム。乗り始めは十分楽しめますが、下りをもっと攻めるならアップグレードしたいかなと思いました。

米山 ロードバイクっぽく乗ってグラベルはちょっとだけという人には向かないかな。でもオフロード専用というわけでもないので、太いスリック系タイヤとキャリアを付けて、ロングツーリング仕様にカスタムして使うのもありでは? トガってなくて遊べる範囲が広いバイクなので、1台持っていたら色々楽しいかも。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

10~15万円のロードバイクジャイアント(GIANT)のロードバイク

10~15万円 ジャイアント バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載