スタート・ゴール地点、周回方向が変更「2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」10月24日開催へ 新コースも決定

  • 一覧
「2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の3.1kmの周回コース。スタート・ゴール地点と周回方向が昨年から変更された「2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の3.1kmの周回コース。スタート・ゴール地点と周回方向が昨年から変更された

 世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠したレース「2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が、10月24日にさいたま新都心駅周辺で開催されることが決まり、そのコースや大会概要が発表された。全長約3.1kmの周回コースは、2014年大会から周回方向が反対回りとなり、スタート・ゴール地点も変更され、より多くの観客がレースの興奮や醍醐味を味わえるようになる。

 大会実行委員会の発表によると、スタート・ゴール地点は、昨年大会では一般の観客が観戦できないエリアに設けられたが、今年は沿道から観戦可能な西大通りへと変更される。

 コースは昨年と反対方向だが、「さいたまスーパーアリーナ」内を通過するユニークなレイアウトは踏襲する。

 また、フランスとさいたまの食が楽しめる「2015さいたまるしぇ in さいたまクリテリウム」や、自転車関連アイテムの販売、安全教室などで楽しめる「2015サイクルフェスタ in さいたまクリテリウム」も同日開催される。

「2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」はゴールスプリントをマルセル・キッテルが制した(米山一輝撮影)「2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」はゴールスプリントをマルセル・キッテルが制した(米山一輝撮影)
華やかに行われた2014年大会の表彰式(平澤尚威撮影)華やかに行われた2014年大会の表彰式(平澤尚威撮影)

今年もオフィシャルサポーターズを募集

 2015さいたまクリテリウム実行委員会は、大会を応援する「オフィシャルサポーターズ」の募集を7月3日午前11時に開始する。

 オフィシャルサポーターズは、小口の協賛金を支払えば、特典として大会当日のさいたまスーパーアリーナ内観覧席入場券や、大会オリジナルグッズなどを入手できる制度。2013年の第1回大会から実施されている。法人1つ、個人は3つのカテゴリーが設けられ、それぞれ協賛金や特典が異なる。

 法人サポーターには、社内でも応援できる限定オリジナルグッズなど、また個人プラチナおよび個人Aサポーターにはオリジナルサイクルジャージなどの特典が用意されている。さらに、個人プラチナには、コース体験走行、選手バックヤードツアーなど体験型の特典も提供される。

■オフィシャルサポーターズ 募集要項

【カテゴリー】
●法人サポーター(限定400口・先着順、協賛金5万円)
●個人プラチナサポーター(限定50口・抽選、協賛金10万円)
●個人Aサポーター(限定250口・抽選、協賛金3万円)
●個人Bサポーター(限定1000口・先着順、協賛金1万円)
【特典の詳細】公式ホームページの「オフィシャルサポーターズ」案内を参照
【応募方法】公式ホームページ、または専用申込用紙によりFAXで申し込む
【応募期間】
◎先着順カテゴリー <法人サポーター・個人Bサポーター>
2015年7月3日(金)11:00~9月30日(水)正午
(限定数終了次第受付を終了)
◎抽選カテゴリー <個人プラチナサポーター・個人Aサポーター>
2015年7月3日(金)11:00~7月27日(月)正午
抽選日:7月下旬(予定)
※法人サポーターの特典は8月中、個人サポーターの特典は9月下旬~10月上旬の発送を予定

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載