title banner

ジロ2015 チームNIPPOの挑戦<第16ステージ>豪華なグッズにキャラバン隊 スポンサーやチームの“本気”が大会を盛り上げる

  • 一覧

 世界3大ステージレースの一つ、ジロ・デ・イタリアで驚くのはレース内容だけじゃないんです。

 まずチームにそれぞれ配られるジロ公式ブック。黒ベースにピンクが映える格好良い表紙ですが、驚くのはその分厚さ。普段のレースブックはパンフレット程度が一般的ですが、国語の教科書をもしのぐ厚さは圧巻の一言です。

チームに配られるジロ・デ・イタリア公式ブックはこの分厚さチームに配られるジロ・デ・イタリア公式ブックはこの分厚さ
ジロ・デ・イタリア公式ブックにはコースマップなどさまざまな情報が掲載されているジロ・デ・イタリア公式ブックにはコースマップなどさまざまな情報が掲載されている

 気になる中身ですが、全ステージのコースマップはもちろんのこと、それぞれにご当地グルメやワイン情報、都市の人口、当日のチームカーの駐車方法がまとめられ、ジロに協力しているスポンサーをはじめ、警察のこと、テレビ局のことなどが細かく記されています。

 そして、1909年から始まったジロの深い歴史。歴代の優勝者一覧などを見始めるとキリがありません。これも第98回という歴史の賜物なのでしょう。

プレゼントは“ビジネス”

NIPPOのマスコット「みっちーくん」キーホルダーNIPPOのマスコット「みっちーくん」キーホルダー

 チームやスポンサーがこの大会にかける意気込みにも圧倒されます。それはジロ特別グッズから垣間見ることができます。ファンや観客へのプレゼントですね。

 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザはワインコルクのキーホルダーとオリジナルうちわ、そしてNIPPOのマスコット「みっちーくん」キーホルダーにジャージキーホルダーを用意しており、総数は5000個をゆうに超えます。チームのオリジナルボトルも大切なプレゼントの一つですね。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザがプレゼントしているワインコルクのキーホルダーNIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザがプレゼントしているワインコルクのキーホルダー
チームのオリジナルボトルもファンへのプレゼントの一つチームのオリジナルボトルもファンへのプレゼントの一つ

 大会スポンサーはもっとすごい量のプレゼントを“ばらまいて”います。

 選手たちが通過する30分ほど前に、キャラバン隊という大会スポンサーの車列が大音量の音楽とともにコースを通過していきます。クルマもそれぞれの企業が工夫を凝らして制作し、見ているだけでも面白いのがキャラバン隊です。

 このキャラバン隊はコース上の町ごとに一斉に停車し、宣伝を兼ねたプレゼントをばらまきながら町のテンションを最高潮に盛り上げます。

沿道の観客を盛り上げるキャラバン隊のクルマ沿道の観客を盛り上げるキャラバン隊のクルマ

 そして10分ほど停車したのち次の町へと走り去っていきます。つまりここで配ったものが、この後レースの際にテレビで映るわけですね。ジロはレースであり、フェスタであり、しっかりとビジネスでもあります。

 このように大会運営側やチームだけではなく、企業も本気でジロに挑んでいます。各方面でたくさんの人が全力で戦っているから、これほどに素晴らしい大会となるのですね。

初めて目にしたジロのゴール

 ジロも残すところ5日間となりました。とはいえ全く気は抜けません。5月27日の第17ステージはスイスに入国します。“スイス入国”…イタリア人が最も毛嫌いする言葉です。スイスは検査が厳しいんですね。ゆえにスムーズにトラックやバスが通過できないことが多々あります。

 最後の最後まで何かと試練が訪れますが、健康を第一にフィナーレまで働きます。そういえば26日に入ったホテルは、第16ステージのフィニッシュラインが目の前でした。初めてジロのゴールをこの目で見ることができました。想像はしていましたが物凄い盛り上がりでした。

ホテルから見えた第16ステージのゴール地点ホテルから見えた第16ステージのゴール地点

 それでは、ぼちぼちいこか。

(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ メカニック 福井響)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ジロ・デ・イタリア2015 ジロ2015 チームNIPPOの挑戦

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載