title banner

子育て満点バイク in アジア<15>チャリオットに座る子供たちと歌いながらファミリーライド マレーシアで4家族が参加

  • 一覧

 マレーシアのペンゲラン~デサルを走るファミリーライドを、4月25日、26日に1泊2日で主催しました。2日間で往復106kmの行程。シンガポール在住で、チャイルドトレーラー「チャリオット」を楽しむ家族のグループ「シンガポール・チャリオット・ファミリー」の3家族とわが家、そのほかにサイクリスト6人が参加しました。

マレーシアをファミリーライド! 気持ちがいいヤシのプランテーション農園の道マレーシアをファミリーライド! 気持ちがいいヤシのプランテーション農園の道

休憩をとりつつのんびり

チャリオットも一緒に船に乗り込みますチャリオットも一緒に船に乗り込みます

 シンガポールからマレーシアへは船で渡ります。朝8時半、フェリーターミナルに集合。乗船の数分前に出国審査のカウンターが開き、自転車とチャリオットを押して手続きを済ませました。船といっても定員12人の小さなスピードボート。自転車、チャリオットとともに乗り込み、いざマレーシアへ!

 およそ30分の乗船時間で、スタート地点のペンゲランに到着しました。近、早!

自宅から港へは自転車専用のタクシーで自宅から港へは自転車専用のタクシーで
シンガポール側の出国審査へ向かうアメリカ人ファミリーのジャネール(左)、デレック(右奥)、そしてカヤちゃんシンガポール側の出国審査へ向かうアメリカ人ファミリーのジャネール(左)、デレック(右奥)、そしてカヤちゃん
自転車とチャリオットはこんな感じで船に載せました自転車とチャリオットはこんな感じで船に載せました

 船を降り、入国審査を済ませ、荷物をサポートのクルマに積み込んで出発の準備をします。まず最初に、今回のツアーを共催した「シャングリラアドベンチャー」社長のアルビン・ロウ(Alvin Low)さんから、コースとスケジュールについて説明してもらいました。

 目的地のデサルビーチリゾートまでは53km。18km走ってお昼ご飯、19km走って水分補給、そして16km走ってゴール…という具合に、1時間に1回適度の休憩をとりながら進みます。「シンガポールと違って、道に穴が空いていることがあるので気を付けてね」などと注意事項も確認しました。出発前に私からも一言。「チャリオットファミリーは、のんびりいきましょうね!」

チャリオット4台、出発します!チャリオット4台、出発します!

平地より走りやすい? さわやかなアップダウン

シンガポールに比べると乾燥していてカラッと暑いシンガポールに比べると乾燥していてカラッと暑い

 初めの5kmほどは開発中のエリアで、工事用の大型トラックが走り、気が抜けなかったのですが、油ヤシのプランテーション農園や、海岸沿いの道に入ってからは快適! 身軽なサイクリストたちは飛ばして先に行ってしまいましたが、チャリオットファミリーたちは「海だー」「気持ちいいねー!」とチャリオットに座る子どもたちと話をし、時には歌を歌いながらのんびり走りました。

 約1時間後、昼食休憩をするRengitに到着。ローカルの食堂で汗を流しながらチキンライスを食べました。じっとしていても暑いので、食後は早々にスタートすることに。そこから19kmを走ったあと、最後の16kmはアップダウンがあり「ちょっとキツイ」とのことです。

シーフードがおいしいシーフードがおいしい
ロブスター!ロブスター!

 「(国土が)ほぼ平地で、最高峰の山(丘?)が標高163mというシンガポールの人が言うのだから、まぁ大したことないだろう」と思っていると、確かにアップダウンがやってきました。チャリオットをひいているとキツイところもありましたが、下りのスピードを上りに生かせる程度のさわやかなアップダウン。ずっと平地よりも、こういう起伏があるほうが走りやすいと私は思います。交通量はそんなに多くないのですが、マレーシアは「世界一運転が下手(by シンガポール人)」というので油断はできません。

 午後3時ごろ、無事ホテルに到着! 私たちが宿泊したのは「ロータスデサルビーチリゾート」という4つ星の広大なビーチリゾートです。施設も充実していて、ローカルフードやBBQが楽しめるレストランや海辺のバー、スパ、子ども連れには嬉しい大きなプール、水遊び場、そして「日本だと安全基準がアウトなのでは」と思わせるほどスリリングなウォータースライダー。サイクリングの後はビーチでビールを飲みながらゆっくり…できるわけもなく、さぁ今度は子どもたちの番! プールに砂浜、芝生の広場へと繰り出します。お友達も一緒なので数倍嬉しく、夜9時ごろまで元気に遊びつくしました。

ココナツ並木を駆け抜けますココナツ並木を駆け抜けます
ホテルのプレーエリアホテルのプレーエリア

 休憩場所やゴールに子どもが遊べる場所があるというのは、ファミリーライドではポイント高いですね。翌日、朝8時半にホテルを出て同じルートを走って帰りました。

◇         ◇

 参加したチャリオットファミリーは、私たち夫婦と1人のお父さんを除けば、自転車で30km以上走ったことがないという初心者ばかりでしたが、帰る頃には「2日目は楽だった」「自信がついた」「もっと走りたい!」とすっかり自転車の虜になってしまったようです。家族で自転車を楽しむ人の輪が広がったらいいなぁと思っています。また企画します!

マレーシアのペンゲラン~デサル間ライドの参加者マレーシアのペンゲラン~デサル間ライドの参加者

※日本人の方向けにシンガポールの自転車ツアーもあります! 毎月最終土日に開催。2名以上でツアー催行です。詳しくはこちらの記事へ。

山田美緒山田美緒(やまだ・みお)

サイクリストとして世界中を旅した経験から一般社団法人コグウェイを設立し、「四国ディスカバリーライド」「コグウェイin台湾」などを主催。著書に、アフリカ大陸縦断記をまとめた『マンゴーと丸坊主』、女性サイクリストたちとの旅や交流の体験記『満点バイク』がある。2014年3月よりシンガポール在住。ブログ「満点バイク」を掲載。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

子育て満点バイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載