6月の全日本ロードを「応援して」那須ブラーゼンの選手が地元の高校で“出前授業” 自転車競技の魅力を発信

  • 一覧
小野寺玲選手(中央)らが那須高校を訪れ出前授業を開いた(伊澤利幸撮影)小野寺玲選手(中央)らが那須高校を訪れ出前授業を開いた(伊澤利幸撮影)

 栃木県那須町などで6月27、28日に開かれる全日本自転車競技選手権ロードレースで、地元の高校生にも応援してもらおうと、那須地域を拠点とするプロチーム、那須ブラーゼンの小野寺玲選手(19)らが5月25日、県立那須高校(那須町寺子乙)で出前授業を開いた。

 小野寺選手らは大会の概要や見どころなどを解説。教室内にロードバイクを持ち込み、構造も詳しく説明した。

 ロードバイクに初めて触れたという3年、白石早紀さん(17)は「バイクの軽さに驚いた。大会を観戦し応援したい」。小野寺選手は「自転車の魅力を発信できたと思う」と手応えを示した。

産経新聞・栃木版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

那須ブラーゼン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載