title banner

ツアー・オブ・ジャパン2015 最終・第7ステージ(東京)【速報】ボニファジオが東京ステージ2連勝 個人総合はポルセイェディゴラコールが連覇

  • 一覧

 ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)の最終・第7ステージ(東京ステージ)は5月24日、東京・日比谷をスタートし、大井埠頭周回コースを14周する112.7kmで開かれ、大集団によるゴールスプリントをニッコロ・ボニファジオ(イタリア、ランプレ・メリダ)が制し、昨年に続いて東京ステージ2連勝を果たした。全7ステージを通しての個人総合では、前日まで首位に立ち、この日もメーン集団で走り切ったミルサマ・ポルセイェディゴラコール(イラン、タブリーズ ペトロケミカルチーム)が大会2連覇を達成した。

鮮やかなゴールスプリントで東京ステージ2連勝を果たしたニッコロ・ボニファジオ(イタリア、ランプレ・メリダ)。UCIワールドチームのスピードと勝負強さを見せつけた (平澤尚威撮影)鮮やかなゴールスプリントで東京ステージ2連勝を果たしたニッコロ・ボニファジオ(イタリア、ランプレ・メリダ)。UCIワールドチームのスピードと勝負強さを見せつけた (平澤尚威撮影)

 序盤に形成された逃げグループがレースをリードしたが、ラスト2周を前にメーン集団が吸収。大集団のまま最終周回へ向かった。スピードが上がった集団は落車が発生するなど混沌とし、乱戦のままゴールスプリントへ突入。スプリンターによる力勝負をボニファジオが制し、ゴール地点では両手を挙げて喜んだ。

 また、このステージでは5位の黒枝咲哉(日本ナショナルチーム)を筆頭に、トップ10に日本人選手5人が入る健闘を見せた。

レースは東京・日比谷の高層ビル街をスタート (平澤尚威撮影)レースは東京・日比谷の高層ビル街をスタート (平澤尚威撮影)
序盤に形成された逃げ集団がレースをリードした (平澤尚威撮影)序盤に形成された逃げ集団がレースをリードした (平澤尚威撮影)

【速報】第7ステージ(東京)結果
1 ニッコロ・ボニファジオ(イタリア、ランプレ・メリダ) 2時間17分14秒
2 ブレントン・ジョーンズ(オーストラリア、ドラパック プロフェッショナルサイクリング) +0秒
3 ニコラス・マリーニ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
4 ボリス・シュピレフスキー(ロシア、RTSサンティック レーシングチーム)
5 黒枝咲哉(日本ナショナルチーム)
6 大久保陣(宇都宮ブリッツェン)
7 黒枝士輝(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
8 鈴木龍(那須ブラーゼン)
9 ベンジャミン・プラデス(スペイン、マトリックスパワータグ)
10 土井雪広(チームUKYO)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

TOJ2015・レース詳報 ツアー・オブ・ジャパン2015

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載