title banner

ジロ2015 チームNIPPOの挑戦<第11ステージ>タイムトライアル用バイクの準備で汗だくに いろいろな物が壊れるジロ・デ・イタリア

  • 一覧

 ジロ・デ・イタリアは第11ステージを終え、半分を消化しました。

 第10ステージでは我らがマラグーティを含む4人の逃げグループがゴールに辿り着き、マラグーティは3着でフィニッシュラインを踏みました。本人は相当悔しそうでしたが、素晴らしい結果です。

 彼の故郷の近くでもあったので、ファンも大盛り上がり。イタリア人のジロに対する強い想いがヒシヒシと伝わってきます。

ジロ第10ステージ、逃げ集団でのゴールスプリントで3位に入ったアレッサンドロ・マラグーティ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)。地元で勝てなかった悔しさに、思わずハンドルを叩く ©NIPPO Vini Fantiniジロ第10ステージ、逃げ集団でのゴールスプリントで3位に入ったアレッサンドロ・マラグーティ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)。地元で勝てなかった悔しさに、思わずハンドルを叩く ©NIPPO Vini Fantini
ゴール後、メディアの取材を受けるマラグーティ ©NIPPO Vini Fantiniゴール後、メディアの取材を受けるマラグーティ ©NIPPO Vini Fantini
ジロでステージ3位、もちろん素晴らしい結果だ ©NIPPO Vini Fantiniジロでステージ3位、もちろん素晴らしい結果だ ©NIPPO Vini Fantini

ワインを整理してTTバイクの引き取りへ

 さて第11ステージの今日ですが、私の仕事はチームの倉庫へ駆けること。個人タイムトライアル(以下TT)が近付いてきたので、TTバイクを引き取りに向かいました。

 他チームは大きなトラックでTTバイクも常に持ち歩いていますが、私たちのトラックにそこまでの余裕はなく、初日のチームTT後にチーム倉庫へ専用バイクを戻していました。

ずらりと並ぶデローザのTTバイク。美しく作業するのもメカニックの仕事の一部だ ©NIPPO Vini Fantiniずらりと並ぶデローザのTTバイク。美しく作業するのもメカニックの仕事の一部だ ©NIPPO Vini Fantini

 そしてチームの倉庫がほど近い場所でレースが行われた今日、まるで神様がそう仕向けたかのようにホテル移動が無く(スタート地点とゴール地点の距離が近かったため)、必然的に(移動係の)私がミニトラックで各所を駆け巡った次第であります。

 レースは雨。チームの拠点ボローニャは天気がもち、助かりましたが、それはそれで汗を拭いながらの作業となりました。

 TTバイクはハンドル部が複雑で、全体の重量も重いんですね。軽さを追求しているロードバイクと違って、平坦と風に特化したTTバイクは重量があります。

TTで使用するディスクホイール。空気抵抗を極限まで減らしスピードを保つが、そのフォルムは必然的に重量もかさむ ©NIPPO Vini FantiniTTで使用するディスクホイール。空気抵抗を極限まで減らしスピードを保つが、そのフォルムは必然的に重量もかさむ ©NIPPO Vini Fantini
スポンサーのファンティーニワインとともにジロを旅する。トラックにはワインが箱で一杯 ©NIPPO Vini Fantiniスポンサーのファンティーニワインとともにジロを旅する。トラックにはワインが箱で一杯 ©NIPPO Vini Fantini

 そしてミニトラックは、今大会ではワインを運ぶ専用車として働いているので、自転車の積み込みは大量のワインを整理してから。

 そうこうしていると、額はもはや雨が降ろうが降るまいが変わらぬ状態に。

懸案だったトラックのドアを修理

 自転車の積み込みが終わると、次はトラックの修理工場へ。幾多のレースで酷使されているトラックは、節々にガタが発生。先日ついに後部のドアが閉まらなくなってしまいました。メカニック班が試行錯誤して修理に挑みましたが、これはさすがに車のプロへ任せることとなりました。

閉まらなくなったトラックのドアを修理。車のことはやはり車のプロに任すのが一番だ ©NIPPO Vini Fantini閉まらなくなったトラックのドアを修理。車のことはやはり車のプロに任すのが一番だ ©NIPPO Vini Fantini
TT装備をトラック一杯に詰め込んだ ©NIPPO Vini FantiniTT装備をトラック一杯に詰め込んだ ©NIPPO Vini Fantini

 メカニック班の仕事の1割は、チームカーや各道具の修理で占められている、といっても過言ではありません。特にジロでは、謀ったかのようにいろいろな物が壊れていきます。長い経験を持つイタリア人は「ジロは毎年こうなる」と呟きます。ジロにはやはり何かがいるんですね。

 さて、終盤に向けてチームはさらに加速していきます。引き続き応援をよろしくお願いします。

 ぼちぼちいこか。

(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ メカニック 福井響)

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザは日本で開催中のツアー・オブ・ジャパンでも活躍中。いなべの第2ステージで山岳賞を獲得したマッティア・ポッツォ(コロンビア)が第3ステージでもジャージを守り、さらに美濃の第3ステージではニコラス・マリーニ(イタリア)がステージ優勝を挙げた ©NIPPO Vini FantiniNIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザは日本で開催中のツアー・オブ・ジャパンでも活躍中。いなべの第2ステージで山岳賞を獲得したマッティア・ポッツォ(コロンビア)が第3ステージでもジャージを守り、さらに美濃の第3ステージではニコラス・マリーニ(イタリア)がステージ優勝を挙げた ©NIPPO Vini Fantini

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ジロ・デ・イタリア2015 ジロ2015 チームNIPPOの挑戦

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載