道端カレンさんらが大会をPR「ツール・ド・東北 2015」エントリー開始 宮城・三陸沿岸で9月13日開催、5コース計3500人

  • 一覧

 東日本大震災の復興支援サイクリング大会として9月13日に開催される「ツール・ド・東北 2015」の参加申し込みが5月19日、公式サイトでスタートした。募集定員は、新設の「気仙沼ワンウェイフォンド(95㎞)」を含む5コースで計3500人。抽選なしで出走枠を得られる「ツール・ド・東北チャリティーライダー」100人、大会運営ボランティア「ツール・ド・東北 クルー」も同時に募集が始まった。この日、東京都内で記者発表会が開かれ、昨年に引き続き「広報大使」に就任したモデルの道端カレンさんらが参加を呼びかけた。

左から「東北応援大使」の中西哲生さん、「広報大使」の道端カレンさん、「グルメ大使」のフォーリンデブ 橋本陽さん ©ツール・ド・東北 2015左から「東北応援大使」の中西哲生さん、「広報大使」の道端カレンさん、「グルメ大使」のフォーリンデブ 橋本陽さん ©ツール・ド・東北 2015

個人・チームで申し込み可能 ご当地グルメはさらに充実

 ツール・ド・東北は、宮城県石巻市・女川町・南三陸町・気仙沼市を舞台とし、今年で3回目を迎える。

スタートを切る参加者=2014年大会より(写真・大星直輝)スタートを切る参加者=2014年大会より(写真・大星直輝)

 コースは、石巻専修大学をスタート・ゴールとする「女川・雄勝フォンド(60km)」 「北上フォンド(100km)」「南三陸フォンド(170km)」「気仙沼フォンド(211km)」と、気仙沼をスタートして石巻専修大学へ向かう気仙沼ワンウェイフォンドが用意されている。エントリーは、個人または複数人でのチーム申し込みが可能。

ツール・ド・東北のコースは三陸沿岸を中心とした60~211km=2014年大会より(写真・大星直輝)ツール・ド・東北のコースは三陸沿岸を中心とした60~211km=2014年大会より(写真・大星直輝)
雄勝エイドステーションの大ぶりのホタテは大会名物=2014年大会より(写真・大星直輝)雄勝エイドステーションの大ぶりのホタテは大会名物=2014年大会より(写真・大星直輝)

 ライダーの休憩スポットとなるエイドステーションでは、毎年地元の新鮮な食材を使ったグルメが振る舞われ、大会の目玉のひとつとなっている。今年は食を通じて参加者と地元の人たちを結ぶ「ツール・ド・東北 応“縁”飯」を企画。エイドステーションやメイン会場・石巻専修大学では、海の幸に加え「いわて南牛」を使用したオリジナルメニューなど、地元で愛されるご当地グルメから有名店のグルメまで幅広く提供していくという。

全国有数の良質なホタテ産地・雄勝湾で採れた栄養満点の「ホタテ焼き」。大ぶりで肉厚でジューシー全国有数の良質なホタテ産地・雄勝湾で採れた栄養満点の「ホタテ焼き」。大ぶりで肉厚でジューシー ©ツール・ド・東北 2015
格之進の「門崎熟成肉 塊焼」もメイン会場に登場する ©ツール・ド・東北 2015格之進の「門崎熟成肉 塊焼」もメイン会場に登場する ©ツール・ド・東北 2015

羽生結弦選手が「ぜひ参加を」と呼びかけ

(前列左から)「東北応援大使」の中西哲生さん、「広報大使」の道端カレンさん、「グルメ大使」のフォーリンデブ 橋本陽さん ©ツール・ド・東北 2015(前列左から)「東北応援大使」の中西哲生さん、「広報大使」の道端カレンさん、「グルメ大使」のフォーリンデブ 橋本陽さん ©ツール・ド・東北 2015

 この日の記者発表会は、大会を共同主催するヤフーの社員食堂「BASE6」(東京都港区)で開かれ、道端カレンさんが「広報大使」に、元プロサッカー選手の中西哲生さんが「東北応援大使」に、タレントのフォーリンデブ 橋本陽さんが「グルメ大使」に任命された。

 また、東北応援大使を務めるパラリンピック選手の佐藤真海さんと、「ツール・ド・東北 フレンズ」となったスケート選手の羽生結弦さんからビデオメッセージが寄せられた。羽生さんの「みなさん、ぜひ今年も参加をお願いします。ライダーの皆さんがさっそうと走る姿は、きっと、被災された方々を勇気付けるに違いありません」とするコメントも披露された。

 大会で振舞われる数々のグルメの試食も行われ、道端カレンさんらが壇上で試食。メイン会場に出店する「格之進」(岩手県一関市)の「門崎熟成肉 塊焼(かんざきじゅくせいにく かたまりやき)」を口にすると、「ジューシーでおいしい。わさびが合いそう」と笑顔でコメントした。

大会で振る舞われるグルメを壇上で試食するする道端カレンさん ©ツール・ド・東北 2015大会で振る舞われるグルメを壇上で試食するする道端カレンさん ©ツール・ド・東北 2015

復興支援を通じて知る東北の魅力

エイドステーションの元気なクルーたち=2014年大会より(写真・大星直輝)エイドステーションの元気なクルーたち=2014年大会より(写真・大星直輝)

 大会会場内での受付や、コース上での誘導、エイドステーションでのサポートスタッフとして参加するツール・ド・東北 クルーは、この大会の特徴のひとつ。クルーを務めれば、翌年の大会でライダーとして参加できる優先出走権を獲得できる。

 またツール・ド・東北 チャリティーライダープログラムは、参加料の5万円に寄付金が含まれ、抽選なしで大会に参加できる仕組みだ。参加料から、出走するコースのエントリー料・手数料を差し引いた金額が、ヤフーの運営する「ツール・ド・東北基金」に寄付される。

 さらに、遠方からの参加者が地元の住民の家庭に宿泊する「民泊」制度も用意される。ヤフーでは、「地元の方々との交流を深めて東北の魅力を感じてもらえるよう、昨年よりも多くの参加者に利用いただけるよう力を入れていく」としている。

民泊に自宅を提供した齋藤伊平さん(中央)と参加した親子=2014年大会より(写真・大星直輝)民泊に自宅を提供した齋藤伊平さん(中央)と参加した親子=2014年大会より(写真・大星直輝)
参加者に手を振って声援を送る地元の人たち=2014年大会より(写真・大星直輝)参加者に手を振って声援を送る地元の人たち=2014年大会より(写真・大星直輝)

 

「ツール・ド・東北 2015」開催概要

【受付】2015年9月12日(土)
【開催日】2015年9月13日(日)
【スタート予定時刻】 5:30 ※気仙沼ワンウェイフォンドのみ 8:30
【終了】17:30(全フォンド終了予定)
【開催場所】宮城県石巻市・女川町・南三陸町・気仙沼市
【会場】石巻専修大学(スタート&ゴール地点) ※気仙沼ワンウェイフォンドのみ、スタート地点が気仙沼
【ライドイベント定員】3,500人
【コースおよびエントリー料】
・「気仙沼フォンド」 [距離]約211km[参加費]15,000円
・「気仙沼ワンウェイフォンド」[距離]約95km [参加費]11,000円
・「南三陸フォンド」 [距離]約170km [参加費]11,000円
・「北上フォンド」 [距離]約100km [参加費] 9,000円
・「女川・雄勝フォンド」 [距離]約 60km [参加費] 8,000円
【エントリー期間】
・一般出走者 2015年5月19日(火)~6月1日(月)
・「ツール・ド・東北チャリティーライダー」 2015年5月19日(火)~6月30日(火)
・「ツール・ド・東北 クルー」 2015年5月19日(火)~6月30日(火)
【主催】株式会社河北新報社 ヤフー株式会社
【主管】ツール・ド・東北 2015 実行委員会
【共催】宮城県、宮城県教育委員会、石巻市、気仙沼市、女川町、南三陸町、一般社団法人東北地域づくり協会、株式会社三陸河北新報社、A.C.O inc.

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・東北 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載