title banner

ジロ・デ・イタリア2015 第4ステージ22歳のダヴィデ・フォルモロがプロ初勝利 マリアローザはサイモン・クラークが獲得

  • 一覧

 ジロ・デ・イタリアの第4ステージが5月12日、キアーヴァリからラ・スペツィアまでの150kmで開催され、残り14kmで逃げ集団からのアタックを決めたダヴィデ・フォルモロ(イタリア、チーム キャノンデール・ガーミン)が独走でステージ優勝を飾った。22歳にしてグランツール初出場、プロ初勝利という快挙だ。個人総合首位の証、マリアローザはサイモン・クラーク(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)が獲得した。

ステージ優勝を飾ったダヴィデ・フォルモロ(イタリア、チーム キャノンデール・ガーミン)ステージ優勝を飾ったダヴィデ・フォルモロ(イタリア、チーム キャノンデール・ガーミン)

 この日のコースは、リグリア海に面したキアーヴァリとラ・スペツィアを結ぶ150kmで、内陸部を通過するレイアウト。大きな山岳こそないものの、細かいアップダウンが繰り返され、3つの3級山岳が登場する。ゴールまで約13kmの地点から始まる最後の山岳が勝負どころだ。

 スタート直後、別府史之(日本、トレック ファクトリーレーシング)がアタックを仕掛け、集団から飛び出した。優勝を狙えるステージでの積極的な動きだったが、ほか3人の選手と協調体制を築きながらも、2.5kmほどでメーン集団に吸収されてしまった。

前日の第3ステージに続き、曲がりくねったナーバスなコースとなった前日の第3ステージに続き、曲がりくねったナーバスなコースとなった

 序盤に設けられた3級山岳の上りを機に、29人が抜け出し、第3ステージに続いて大規模な逃げが成立した。総合上位の選手が多く、フォルモロやクラークのほか、ヨアンエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・グリーンエッジ)、ロマン・クロイツィゲル(チェコ、ティンコフ・サクソ)、ダリオ・カタルド(イタリア、アスタナ プロチーム)、ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、モビスター チーム)、アマエル・モワナール(フランス、BMC レーシングチーム)らが名を連ねた。

 逃げた29人は、2つのグループに分かれては1つに戻ったり、数人が上りで飛び出しては後続が追いついたりと、目まぐるしい動きを見せた。こうしたなかで少しずつ人数を減らしつつ、逃げ切りを狙って走り続けた。

 メーン集団をコントロールしたのは、アルベルト・コンタドール(スペイン)のティンコフ・サクソ、ファビオ・アール(イタリア)のアスタナ プロチーム、リゴベルト・ウラン(コロンビア)のエティックス・クイックステップといった総合優勝候補を擁するチーム。一時は10分を超えるタイム差がついたものの、2つ目の山岳が登場した残り60kmあたりからアスタナが強力な追走を始め、一気に追い上げていった。

連日の暑さに加え、逃げが続いたためボトル補給オートバイが大繁盛連日の暑さに加え、逃げが続いたためボトル補給オートバイが大繁盛

 終盤のコースレイアウトは、残り17kmでゴール地点を一度通過して、残り13kmから3級山岳を越えての周回ゴール。ゴール地点を通過した時点で、逃げ集団は14人に減り、メーン集団は1分45秒にまで迫っていた。吸収される可能性が高まるなか、最後の山岳を前に、フォルモロが思い切りよく単独で飛び出した。ヴィスコンティ、モワナールが2人で追うが、その差はなかなか縮まらない。

 アスタナが牽引し続けるメーン集団からは、アールが上りでアタックを仕掛けた。この動きに対しコンタドールとリッチー・ポート(オーストラリア、チーム スカイ)がすかさずチェック。フォルモロやヴィスコンティたちから遅れていたクロイツィゲル、カタルドらの逃げ集団にあっという間に合流し、頂上を目指した。この集団に残ればマリアローザを獲得できるクラークが、一度は遅れながらも粘って食らいつく。一方、総合上位を争うウランはここで遅れてしまった。

 残り10km、フォルモロは追走の2人に約30秒の差をつけて頂上を通過。勝利を目指して勢いよく下っていく。ヴィスコンティらは後続に吸収され追走集団は12人になったが、総合上位勢は上り以外で争う様子はなくペースが上がらなかった。フォルモロはゴールまで力強い走りを続け、逃げ切りでのステージ優勝を飾った。

 フォルモロはプロ2年目の22歳。昨年はツール・ド・スイスで総合7位に入り実力を示すと、ジャパンカップで来日し7位という好成績を残した。母国イタリアで初挑戦したグランツールという大舞台で、見事なプロ初勝利。総合でも31秒遅れの9位につけ、一気にチームリーダーのポジションも手に入れた。

 追走集団では、粘りの走りを見せてきたクラークがスプリント勝負で差しきり、まるでステージ優勝をしたかのように豪快なガッツポーズを見せてゴール。チームメートのマイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)から譲り受けるかたちで、オリカ・グリーンエッジのマリアローザを守った。

マリアローザを獲得したサイモン・クラーク(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)マリアローザを獲得したサイモン・クラーク(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)

 第5ステージはラ・スペツィアからアベトーネまでの152kmで争われる。序盤に3級山岳を越え、最後には今大会最初の頂上ゴール、登坂距離17.3km、平均勾配5.4%、最大勾配10%の2級山岳アベトーネ峠が登場する。総合上位を狙う選手たちの間でタイム差がつく可能性があり、勝利を狙うクライマーにとってチャンスのある山岳ステージだ。

文 平澤尚威・写真 砂田弓弦

第4ステージ結果
1 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、チーム キャノンデール・ガーミン) 3時間47分59秒
2 サイモン・クラーク(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) +22秒
3 ヨナタンアレハンドロ・モンサルベ(ベネズエラ、サウスイースト)
4 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、モビスター チーム)
5 ヨアンエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・グリーンエッジ)
6 ファビオ・アール(イタリア、アスタナ プロチーム)
7 アマエル・モワナール(フランス、BMC レーシングチーム)
8 ダリオ・カタルド(イタリア、アスタナ プロチーム)
9 アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)
10 リッチー・ポート(オーストラリア、チーム スカイ)
83 別府史之(日本、トレック ファクトリーレーシング) +20分
191 石橋学(日本、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +23分38秒

個人総合(マリアローザ)
1 サイモン・クラーク(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) 11時間54分48秒
2 ヨアンエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・グリーンエッジ) +10秒
3 ロマン・クロイツィゲル(チェコ、ティンコフ・サクソ) +17秒
4 アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)
5 ファビオ・アール(イタリア、アスタナ プロチーム) +23秒
6 ダリオ・カタルド(イタリア、アスタナ プロチーム)
7 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、モビスター チーム) +29秒
8 アマエル・モワナール(フランス、BMC レーシングチーム) +31秒
9 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、チーム キャノンデール・ガーミン)
10 リッチー・ポート(オーストラリア、チーム スカイ) +37秒
113 別府史之(日本、トレック ファクトリーレーシング) +37分15秒
191 石橋学(日本、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +43分45秒

ポイント賞(マリアロッサ)
1 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、チーム スカイ) 53pts
2 マルコ・フラッポルティ(イタリア、アンドローニジョカットリ) 40pts
3 モレノ・ホフラント(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) 35pts

山岳賞(マリアアッズーラ)
1 パヴェル・コチェトコフ(ロシア、チーム カチューシャ) 15pts
2 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、チーム キャノンデール・ガーミン) 14pts
3 エドアルド・ザルディーニ(イタリア、バルディアーニ・CSF) 14pts

新人賞(マリアビアンカ)
1 ヨアンエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・グリーンエッジ) 11時間54分58秒
2 ファビオ・アール(イタリア、アスタナ プロチーム) +13秒
3 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、チーム キャノンデール・ガーミン) +21秒

チーム総合
1 アスタナ プロチーム 35時間6分57秒
2 BMC レーシングチーム +12秒
3 チーム スカイ +14秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ジロ・デ・イタリア2015 ジロ2015・レース詳報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載