チームメートの斉藤亮とワン・ツー男子エリートはブリヂストンアンカーの平野星矢が優勝 CJ-Uびわこ高島ステージXCO

  • 一覧

 マウンテンバイクの国内シリーズ戦「クップ ドュ ジャポン(CJ)」の第3戦となるびわこ高島ステージのXCO(クロスカントリー)競技が5月3日、滋賀県高島市の朽木スキー場で開かれ、男子エリートは平野星矢(ブリヂストンアンカー)が逃げ切りで優勝。チームメートの斉藤亮とワン・ツーフィニッシュを決めた。 (レポート 中尾亮弘)

初戦を飾った平野星矢(ブリヂストンアンカー)初戦を飾った平野星矢(ブリヂストンアンカー)

五輪につながる国際大会

 今シーズンから始まったCJは、全日本選手権(CJ-S)とUCI公認の国際大会(CJ-U)、全国レベル公認大会(CJ-1)、地区レベル公認大会(CJ-2)の4つのレースランクで開催される。これまでの2戦はCJ-2だったが、びわこ高島ステージはCJ-Uとして、初のトップクラスの大会として開催された。

 国際大会では着順に応じて、UCIポイントと国際ランキングを得ることができる。このランキングで国際大会でのスタート位置が決まるため、オリンピックに向けて海外レースで活動する選手にとっては重要な大会だ。国内における今シーズンの国際大会は、今回の高島大会がUCIクラス3、次戦の八幡浜大会がクラス2、また勢和多気大会がクラス3で行われる。

 クロスカントリーのコースは、スキー場の長い上りとテクニカルな下りセクションを繰り返す1周4.48kmのタフな設定だ。男子エリートのレースは6周回、26.88kmで争われた。

男子エリートスタート男子エリートスタート
テクニカルセクションを下る斉藤亮(ブリヂストンアンカー)テクニカルセクションを下る斉藤亮(ブリヂストンアンカー)
競り合いを見せた門田基志(チームジャイアント)と恩田祐一(BHレーシングMTBチーム)競り合いを見せた門田基志(チームジャイアント)と恩田祐一(BHレーシングMTBチーム)

海外遠征で調子を上げた平野が独走

 2周目をトップで戻ってきたのは平野。2番手以降は小野寺健(ミヤタ-メリダ)と斉藤、門田基志(チームジャイアント)が続いた。3周目、小野寺がテクニカルセクションで前輪のエア漏れから転倒。2番手に斉藤、そして4周目に恩田祐一(BHレーシングMTBチーム)が門田をパスして3番手に上がってきた。

勝利の舞を踊る平野星矢(ブリヂストンアンカー)勝利の舞を踊る平野星矢(ブリヂストンアンカー)

 レースはそのまま平野が先頭を守ってゴールし、続いて斉藤がゴール。ブリヂストンアンカーは海外遠征から帰国しての国内初戦を最高の形で飾った。

 優勝の平野はゴール後、次のように語った。

 「国内は初戦で、独特の緊張感もありましたが、海外を走って調子が上がっていたので(帰国前のトルコのUCIレースで2位)、周りの選手のエンジンがかかってない中で勝てたかなと思います。2周目に小野寺選手が追いつこうとしていたが、3周目で踏んで振り切ることができました。アンカーでワン・ツーをとって、UCIポイントも取れて、いい結果になりました」

 女子は末政実緒(スラム/ライテック)が独走で制した。男子ジュニアは現ジュニア王者の平林安里(ウエストベルグ/プロライド)が優勝した。

ダウンヒルではワールドクラスの末政実緒(スラム/ライテック)。下りセクションは圧倒的に速いダウンヒルではワールドクラスの末政実緒(スラム/ライテック)。下りセクションは圧倒的に速い
日本ろう自転車競技協会の選手に迎えられる末政実緒(スラム/ライテック)日本ろう自転車競技協会の選手に迎えられる末政実緒(スラム/ライテック)
男子ジュニアは日本チャンピオンジャージの平林安里(ウエストベルグ/プロライド)が制した男子ジュニアは日本チャンピオンジャージの平林安里(ウエストベルグ/プロライド)が制した
男子エリート表彰男子エリート表彰
女子エリート表彰女子エリート表彰
男子ジュニア表彰男子ジュニア表彰

男子エリート
1 平野星矢(ブリヂストンアンカー) 1時間25分55秒13
2 斉藤亮(ブリヂストンアンカー) +2分12秒43
3 恩田祐一(BHレーシングMTBチーム) +4分02秒09
4 小野寺健(ミヤタ・メリダ) 5分33秒67
5 門田基志(チームジャイアント) +6分57秒46
6 沢田時(ブリヂストンアンカー) +7分29秒46
7 松尾純(ミヤタ・メリダ) +8分28秒52
8 松本駿(チームスコット) +8分55秒96
9 前田公平(BiORACER) +9分07秒14
10 佐藤誠示(USM) +9分27秒94

女子エリート
1 末政実緒(スラム/ライテック) 1時間14分44秒77
2 小林可奈子(MTBクラブ安曇野) +1分48秒70
3 中島崚歩(SY-Na) +5分42秒18
4 相野田静香(スラム/ライテック) +6分25秒64
5 橋口陽子(TEAMワダチヤ) +8分19秒65

男子ジュニア
1 平林安里(ウエストベルグ/プロライド) 59分25秒26
2 山田将輝(リミテッド846/ライテック) +3分36秒60
3 松本佑太(ウエストベルグ/プロライド) +6分12秒70
4 江越昇也(ウエストベルグ/プロライド) +6分23秒64
5 上野蓮(八代農高泉分校) +8分43秒36

男子マスター
1 植川英治(キヤノンCC) 51分08秒03
2 大橋優(TeamPoppo/なんちゃってバイカー) +32秒34
3 塩見学(B・B・Q) +1分05秒4

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

CJシリーズ MTBレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載