TTバイクをトラック仕様にキャニオンのアワーレコード専用バイク完成 アレックス・ダウセットが5月2日に挑戦へ

  • 一覧

 UCIワールドチーム「モビスター チーム」のアレックス・ダウセット(イギリス)が、イギリス・マンチェスターのナショナルサイクリングセンターで5月2日、1時間に単独でどれだけの距離を走れるかを競うアワーレコードに挑戦する。この挑戦にあたり、同チームにバイク供給しているキャニオンが、タイムトライアルバイクの「Speedmax(スピードマックス)CF」をトラック専用化した「スピードマックスWHR」を開発した。

タイムトライアルバイクをトラック専用化したキャニオン「スピードマックスWHR」タイムトライアルバイクをトラック専用化したキャニオン「スピードマックスWHR」
アレックス・ドーセットはトラック専用化した「スピードマックス WHR」でアワーレコード更新に挑むアレックス・ドーセットはトラック専用化した「スピードマックス WHR」でアワーレコード更新に挑む

 現在のアワーレコードは、ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)が今年2月8日に記録した52.491km。ダウセットは当初、2月27日に挑戦予定だったが、鎖骨を骨折したことで延期していた。

 新たなアワーレーコード樹立には、空気抵抗をいかに最小化するかが重要なため、スピードマックスCFがアワーレコード専用バイクのベースに選ばれた。最小化された前方投影面積と、乱流を抑えるチューブ形状、高速走行時に安定したハンドリングを生み出すジオメトリーなど、記録への挑戦に最適なバイクだ。

アワーレコード挑戦に向けて、テストを重ねてきたアレックス・ドーセットアワーレコード挑戦に向けて、テストを重ねてきたアレックス・ドーセット
イギリスナショナルタイムトライアルを3度制したアレックス・ドーセットイギリスナショナルタイムトライアルを3度制したアレックス・ドーセット
カンパニョーロ ピスタディスクホイールはフルカーボン製で、空気抵抗を低減して安定した走行を可能にするカンパニョーロ ピスタディスクホイールはフルカーボン製で、空気抵抗を低減して安定した走行を可能にする

 UCIの規則では変速ギア、ブレーキとウォーターボトルの使用が禁じられており、それに合わせてアワーレコード仕様に変更。高いエアロ性能を実現するため、不要なものは全て取り除かれた。重量はペダル込みで7.3kg。

 新たにカンパニョーロ製のトラック用ディスクホイールが開発された。チューブラータイヤはコンチネンタル製で、Power2Maxパワーメーターを備えるクランクセットはカンパニョーロ・スーパーレコードだ。

強化されたトラック仕様のドロップアウト強化されたトラック仕様のドロップアウト
POWER2MAX パワーメーターとカンパニョーロ ピスタクランクセット。チェーンはKMCPOWER2MAX パワーメーターとカンパニョーロ ピスタクランクセット。チェーンはKMC

■Speedmax WHR テクニカルデータ
ヘッドチューブ剛性:80Nm
BB剛性:65Nm
重量(ペダル込み):7.3kg
フレームセット:SPEEDMAX WHR
ハンドルバー:SPEEDMAX フラットハンドルバー
エクステンション:SPEEDMAX L ベンドエクステンション
ペダル:LOOK KEO ブレードエアロ
サドル:FIZIK アンタレス VS
チェーン:KMC トラックチェーン
ホイール:CAMPAGNOLO ピスタディスクホイール
クランクセット:CAMPAGNOLO ピスタ
パワーメーター:POWER2MAX
タイヤ:CONTINENTAL テンポⅡ 22mm
バーテープ:LIZARD SKINS 1.8mm

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャニオン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載