ハイパーサイクルポリスやポタガールが参加「ルールを守って自転車ノリーナ」 埼玉県警が浦和駅で自転車安全運転キャンペーン

  • 一覧
「ルールを守って自転車ノリーナキャンペーン」で啓発品のスティックのりやチラシを配るポタガール埼玉メンバー =4月30日、さいたま市浦和区のJR浦和駅「ルールを守って自転車ノリーナキャンペーン」で啓発品のスティックのりやチラシを配るポタガール埼玉メンバー =4月30日、さいたま市浦和区のJR浦和駅

 自転車利用者の交通事故を減らすため、埼玉県警交通企画課などは4月30日、さいたま市のJR浦和駅で「ルールを守って自転車ノリーナキャンペーン」を行い、駅利用者らに自転車の安全運転を呼びかけた。
 
キャンペーンには、スポーツタイプの自転車に乗ってパトロールを行うハイパーサイクルポリスや、自転車と埼玉の魅力をアピールするポタガール埼玉のメンバーら35人が参加。同課が作成した「自転車は車道が原則、歩道は例外」などの自転車安全利用五則を覚えられる「5song(ごソング)」の中の「自転車ノリーナ」という歌詞に合わせ、スティックのりやチラシを配布した。
 
同課によると、今年の自転車利用時の交通事故死者数は4月29日で16人に達し、小学生2人、高校生2人が犠牲に。同課の近藤峰彦交通安全対策推進室長は「家庭でぜひ自転車利用ルールについて話し合いをしてほしい」と話している。

産経新聞・埼玉版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載