全国の正規販売店で無償交換トレックが一部ディスクブレーキ車をリコール クイックリリースレバーがディスクに接触の恐れ

  • 一覧
リコール対象のクイックリリースレバーの概要(トレック・ジャパンの動画より)リコール対象のクイックリリースレバーの概要(トレック・ジャパンの動画より)

 トレック・ジャパンは、ディスクブレーキと特定のクイックリリースを搭載したトレックの一部のバイクにおいて、レバーがブレーキディスクと接触する恐れがあるとして、リコール対応として当該クイックリリースの無償交換を行うと発表した。

 トレックによると、レバーが180°以上開くタイプのフロントクイックリリースが、不十分な取り付けもしくは調整の状態で乗車すると、走行中にクイックリリースレバーが開放状態となり、レバーとブレーキディスクが接触する可能性があるという。接触した場合、フロントホイールが停止、または脱輪してしまい、乗り手はコントロールを失う恐れがある。クイックリリースが適切なトルクで取り付けられている場合は、乗車時にレバーが開放する恐れはないという。

 対象となるのは、「ディスクブレーキ」と「レバーが180°以上開く恐れのある特定のフロントクイックリリース」の両方を搭載するバイク。レバー開放時180°以上開かないクイックリリースや、スルーアクスルタイプのバイクはリコール対象外となる。

 対象のバイクは、全国のトレック正規販売店を通じ、新たな形状のフロントクイックリリースに無償で交換する。今回のリコールでは、フロントのみが対象。また、クイックリリースの交換に正規販売店を訪れたユーザーには、ボントレガー製品を購入できる2000円分のクーポン券がその場で手渡される。

(問)トレック・ジャパン フリーダイヤル:0120-939007

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トレック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載