格上のワールドチームと競り合い「誇らしい」NIPPOのコッリがツアー・オブ・ターキー第4ステージで2位 山本元喜は欧州で“初逃げ”

  • 一覧

 ツアー・オブ・ターキー(UCIヨーロッパツアー2.HC)の第4ステージが4月29日に開かれ、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザのダニエーレ・コッリ(イタリア)が集団ゴールスプリントに挑み、アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)に続く2位でゴールした。スタート直後には山本元喜がアタックして逃げに乗り、チームに貢献した。 (レポート チームNIPPO)

アンドレ・グライペル(ロット・ベリソル)に次いで2位でゴールするダニエーレ・コッリ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ)アンドレ・グライペル(ロット・ベリソル)に次いで2位でゴールするダニエーレ・コッリ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ)

山本が逃げるも序盤で吸収

 第4ステージはフェトヒエからマルマリスまでの132kmで争われた。カテゴリー山岳としては3級が一つだけだが、他にもいくつかの大きなアップダウンがあり、また強い風が吹くなかでのレースとなった。前日に大会最難関の山頂ゴールを制し総合リーダーとなった43歳のダヴィデ・レベッリン(イタリア)を擁するCCCスプランディ・ポルコヴィツェがレースをコントロールした。

 スタートすると、すぐに山本元喜を含む6選手が逃げ集団を形成。しかし逃げ集団とメーン集団のタイム差は、32km地点の3級山岳に向けて徐々に縮まり、山岳が終わった長い平坦路で吸収された。するとすぐに次の逃げが決まり、今度はマッティーア・ポッツォ(イタリア)が他の4選手とともに先行。しかし、ゴール前10km地点の登坂区間を過ぎてからポッツォらは吸収されていき、集団ゴールスプリントの展開になった。

格上のワールドチームとの競り合いは「誇らしい」

 ゴールスプリントを制したのはアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)。そして、好調なコッリが2番手でゴールした。開幕から2連勝したマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、エティックス・クイックステップ)は、残り10kmの登坂区間で集団から遅れスプリントに参加できなかった。優勝争いを演じたコッリはレース後、次のようにコメントした。

 「自分の前にいたのはグライペルだけ。登坂区間を終えたあとだったこともあり、この結果にはとても満足している。自分たちはプロコンチネンタルチームだけど、連日、格上のワールドチームと競り合えているのは、とても誇らしいことだと思う。逃げに乗った元喜とポッツォの働きも良かったし、ゴールスプリントで助けてくれた(ピエールパオロ・)デネグリにも感謝しているよ!」

「嬉しさで鳥肌が立った」

 山本元喜は自身のブログにレースレポートを掲載し、「ヨーロッパレースでの初逃げ。1年以上狙い続けていた逃げがやっと成功した。それを思うと嬉しさで鳥肌が立った」と振り返るとともに、「かなり貴重な体験を出来た。この経験を生かして、また逃げに乗って行きたい」とつづった。

作戦どおり逃げに乗った山本元喜(集団右手前)作戦どおり逃げに乗った山本元喜(集団右手前)

 30日の第5ステージは、ムーラから世界遺産に登録されている石灰華段丘のあるパムッカレまでの160kmで争われる。2つのカテゴリー山岳が設定され、ゴールまでの終盤40kmは下り基調となっている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載