【Teamユキヤ通信】落車で骨折の新城幸也は1カ月後のレース復帰を目指す 「今はとにかく痛みに耐えるだけ」

  • 一覧

 チーム ヨーロッパカーの新城幸也は、4月26日の「リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ」のレース中に、激しい落車により負傷、レースをリタイアした。その後、チームドクターの紹介により、トマ・ヴォクレールの鎖骨骨折など多くの選手たちの骨折を治療してきた骨折のスペシャリストであるドクターに診断を受けた。

新城のレントゲン写真新城のレントゲン写真

 診断の結果は、左肩甲骨先端の陥没骨折と左肋骨上部の骨折。体の左肩と側頭部から地面に叩き付けられ強打した際、上腕骨(肩の付け根)が肩甲骨とぶつかり、その衝撃で上腕骨と肩甲骨の接点側が陥没骨折した状況だという。
 
この部分の陥没骨折については、自然治癒以外の治療方がなく、腕を吊ってしばらくは安静を余儀なくされる。ただ、診断医の話によると「一般人とは違うので、痛みが大丈夫なようなら、日常生活の中で少しずつ動かしても構わない。2週間ほどで自転車に乗れるようになる」とのこと。選手でない一般人ならば全治2カ月のけがと診断されるが、選手の場合は痛みがあっても運動を開始するので、全治何カ月という判断が難しいのだという。

新城が落車時に着用していたヘルメット​新城が落車時に着用していたヘルメット

 また、ヘルメットの状況から心配された頭部ダメージも、首にむち打ち(寝違えた)のような症状があるものの、CTスキャンの結果に異状はみられなかった。

 新城本人にとっては競技生活の中で一番の大けがになってしまったものの、落車の状況から考えると、シーズンを棒に振るようなけがでも、選手生活に関わるけがでもなかったことは、幸いだったと言えるかもしれない。だが、ここまでのレースはコンディション調整も完璧で、絶好調だった中でのアクシデント。本人としても、チームとしてもダメージはかなり大きいと言わざるを得ない。

 診断結果を受けて新城は、「ツール・ド・ロマンディは狙っていたレースで、絶対にチャンスがあると思っていたので、欠場したことがすごくショックだ。先は見えないけれど…今はとにかく痛みに耐えるだけ。5月末にはレースに復帰するつもりで、そのために、体重が増えないようしっかりコントロールして生活ないと」と語っている。

 しばらくは、患部の激しい痛みとの戦いになるが、これを乗り越え、またさらに精神的にも強くなって復活することを信じ、新城は治療に専念する。
 
(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載