【Teamユキヤ通信】リエージュ~バストーニュ~リエージュ落車した新城幸也は上腕骨と肋骨を骨折 「一日も早く復帰できるよう治療に励みます」

  • 一覧

 チーム ヨーロッパカーの新城幸也は、ベルギーで4月26日に開催されたリエージュ~バストーニュ~リエージュ(UCIワールドツアー)に出場したが、ゴールまで残り40kmの地点で発生した集団落車に巻き込まれてリタイア。病院で検査した結果、上腕骨と肋骨の骨折と診断された。

集団前方に集まるチームヨーロッパカー。好調だった新城幸也はその後方で終盤に備えた(Photo: Miwa IIJIMA)集団前方に集まるチームヨーロッパカー。好調だった新城幸也はその後方で終盤に備えた(Photo: Miwa IIJIMA)
​集団を牽引するチームヨーロッパカー(Photo: Miwa IIJIMA) 集団を牽引するチームヨーロッパカー(Photo: Miwa IIJIMA)

 この日のヨーロッパカーは、前半から集団を積極的に牽引してレースの主導権を握る作戦。ピエール・ローラン(フランス)を中心に、新城はサブエースの立場で、最後までローランと一緒にゴールに備えるはずだった。チームオーダー通り、他のチームメートが集団を牽引するなか、新城はローランのアシストに徹した。

 ゴールまで50kmを残し、メーン集団は人数が絞られたものの、エース格の選手が多く含まれていた。ヨーロッパカーはローラン、新城、そしてキャプテンのトマ・ヴォクレール(フランス)の3人が残り、有利な展開で終盤を迎えた。

病院のベッドに横たわる新城幸也病院のベッドに横たわる新城幸也

 しかし残り40km、メーン集団で落車が発生。時速70kmの下りで起こった落車に新城とローランが巻き込まれ、新城は路肩を飛び越え草むらまで飛ばされた。起き上がることも動くこともできない状況で、そのままレースに同行する救急車で病院に搬送された。すねの擦過傷を縫合し、検査の結果、上腕骨と肋骨の骨折と診断され、27日に大きな病院でさらに詳しく検査を行う予定だ。新城は次のようにコメントした。

 「今日のレースはチームワークが素晴らしくて、自分たちのレースができていたのに、このような結果になり本当に残念だ。日本からもたくさんのメッセージをいただき、ありがとうございます。ご心配をおかけしてスミマセン。けがを負った箇所以外は元気です。一日も早く復帰できるように、治療に励みます」

 骨折した箇所は手術ができないため、しばらくはギブスで固定して安静を余儀なくされる。出場を予定していた4月28日開幕のステージレース、ツール・ド・ロマンディ(UCIワールドツアー)は無念の欠場となった。
 
(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載