アーバンサイクリスト向けアイテムや木製自転車“全米No.1自転車都市”ポートランドのブランドが出展 「POP UP Portland」25日まで開催

  • 一覧
旧万世橋駅の高架下をリノベーションした「mAAch ecute(マーチエキュート) 神田万世橋」旧万世橋駅の高架下をリノベーションした「mAAch ecute(マーチエキュート) 神田万世橋」

 米国オレゴン州ポートランド市から、厳選された7ブランドの工芸メーカーや地元デザイナーが自慢の製品を披露する展示会「POP UP Portland in Tokyo 2015」が、東京・神田のマーチ エキュート神田万世橋で4月20日から25日まで開催されている。環境意識が高く、自転車通勤率が全米トップというポートランドでは、ユニークな製品を作る自転車関連のメーカーが多数拠点を構えている。今回のイベントには、自転車関連の2ブランドが出展している。

クールでナチュラルな「Portland Design Works」

 アーバンサイクリスト向けの実用的なアクセサリーをそろえるのが、pdwこと「Portland Design Works」(ポートランドデザインワークス)。実用性もさることながら、スポーティーな街乗りスタイルにピッタリ合う、クールでナチュラルなデザインが魅力だ。

「Portland Design Works」(ポートランドデザインワークス)「Portland Design Works」(ポートランドデザインワークス)

 鳥の形をしたボトルケージ「バードケージ」で遊び心を見せるとともに、竹や革、コルクなど自然素材を積極的に製品に取り入れている。ハンドルバーにカップやタンブラーをセットできる「バリスタ」や、ビールが6缶収まってU字ロックを差し込むスペースもある「テイクアウトバスケット」など、自転車が市民の生活に溶け込んでいるポートランドらしいアイテムが並ぶ。

「バードケージ」は鳥の形をしたボトルケージ「バードケージ」は鳥の形をしたボトルケージ
ビールを運ぶのにジャストサイズの「テイクアウトバスケット」は、U字ロックホルダーや、ライトのためのブラケットも。グリップは「バーボン・グリップ」「テイクアウトバスケット」は、U字ロックホルダーや、ライトのためのブラケットも。グリップは「バーボン・グリップ」
オーバーサイズ・アルミチュービングを使用した軽量なリアキャリア「ローディング・ドック」。上部プラットフォームは竹素材オーバーサイズ・アルミチュービングを使用した軽量なリアキャリア「ローディング・ドック」。上部プラットフォームは竹素材
パニアバッグは外してバックパックになる。こちらもポートランドに本拠を構える「ノースストリート」の製品(TKCプロダクションズ扱)パニアバッグは外してバックパックになる。こちらもポートランドに本拠を構える「ノースストリート」の製品(TKCプロダクションズ扱)
pdw共同創設者のダンさんpdw共同創設者のダンさん

 共同創設者のダン・パウェル(Dan Powell)さんのお気に入りアイテムは、「3レンチョ」と「忍者ポンプ」の2つ。

 3レンチョは15mmレンチとタイヤレバーが一体化した携帯工具だ。シングルスピードバイクやブロンプトンのユーザーに人気だという。ネーミングは「三連勝」のパロディーだとか。忍者ポンプはCO2カートリッジが使用可能な携帯ポンプ。とにかく小さくてクール。小型ながらバルブにねじ込めてしっかり固定できるなど、使い勝手を意識した作りとなっている。

15mmレンチ&タイヤレバーの「3レンチョ」(手前)と、CO2兼用ポンプの「忍者ポンプ」15mmレンチ&タイヤレバーの「3レンチョ」(手前)と、CO2兼用ポンプの「忍者ポンプ」
タンブラーをセットできる「バリスタ」(タンブラーはサンプル)タンブラーをセットできる「バリスタ」(タンブラーはサンプル)
グリップに竹素材、ヘッドにCNC切削パーツを用いた「リトルシルバー」(手前)と、レザーを用いた裾止め「カフスリンク」グリップに竹素材、ヘッドにCNC切削パーツを用いた「リトルシルバー」(手前)と、レザーを用いた裾止め「カフスリンク」

自然素材とハイテクが融合した木製自転車「Renovo」

木製バイクの「Renovo」(レノボ)と創業者のケンさん木製バイクの「Renovo」(レノボ)と創業者のケンさん

 精巧で美しい木製フレームの自転車を展示するのは「Renovo」(レノボ)。集成材をCNC切削加工し、左右に分かれたパーツを貼り合わせることで、中空構造の軽量で頑丈なフレームを作り上げる。異なる木材を組み合わせることで、剛性をコントロールするだけでなく、木の自然な色合いを生かした美しい“カラーリング”も魅力だ。

 創業者でデザイナーのケン・ホイーラー(Ken wheeler)さんは航空業界出身。CAD/CAMによるデザインなど、それまでに培った技術で木材を扱うことで、現代的な味わいをもつ不思議な木製フレームのバイクが完成した。

カスタムタイプの「FIREWOOD CUSTOM Di2」カスタムタイプの「FIREWOOD CUSTOM Di2」
ロードバイクの「PURSUIT」ロードバイクの「PURSUIT」
竹素材を用いた「PANDURBAN」竹素材を用いた「PANDURBAN」
切削した左右フレームを合わせることで中空構造を実現。ワイヤー類も内蔵式切削した左右フレームを合わせることで中空構造を実現。ワイヤー類も内蔵式
複雑なカラーリングは塗装ではなく異なる木材の自然な色合いを生かしたもの複雑なカラーリングは塗装ではなく異なる木材の自然な色合いを生かしたもの
竹素材の組み合わせも独特の模様となる竹素材の組み合わせも独特の模様となる

◇      ◇

 ポートランドは近年、「全米で最も住みたいまち」「クリエイティブな都市」「世界有数の環境都市」として注目を集めている。NIKE(ナイキ)やColumbia(コロンビア)など世界的スポーツメーカーが本拠地を構え、他にも多数のブランドが存在する。またメディアやファッション、アウトドア、ライフスタイルブランドなどに従事しようと、多くの才能あるクリエーターが集まり、ビジネスチャンスのある場所として活気を帯びているという。

文・写真 米山一輝

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載