バイクインプレッション2015「TREK ÉMONDA ALR 5」 レーサーにも乗ってほしいブランド史上最軽量アルミロード

  • 一覧

 近年のスポーツサイクルシーンを語る上で、とりわけ欠かせないメーカーの一つが、アメリカの総合バイクブランド「トレック」だ。ロードバイクの二本柱である「マドン」と「ドマーネ」に加え、昨年、ブランド史上最軽量のカーボンフレーム「エモンダ」シリーズを投入して話題をさらった。そして、今回試乗するのは、アルミロードバイクとして新登場した「エモンダALR」だ。シマノ・アルテグラ仕様と105仕様の2つのパッケージが用意されている。

TREK ÉMONDA ALR 5(トレック エモンダ ALR 5)TREK ÉMONDA ALR 5(トレック エモンダ ALR 5)

TREK ÉMONDA ALR 5(トレック エモンダ ALR 5)
価格:199,000円(完成車、税抜)
サイズ:47、50、52、54、56、58、60、62、64cm
カラー:Black Pearl、Waterloo Blue
問い合わせ先:トレック・ジャパン http://www.trekbikes.co.jp/

スペック

フレーム:Ultralight 300 Series Alpha Aluminum
フォーク:Émonda full carbon
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ・105 50×34T、11-28T(11s)
ホイール:ボントレガー・リムTLR+ハブalloy
重量:8.3kg(54サイズ完成車)

アルミフレームながら造形はカーボンのようで、ハンガー部分もとてもスッキリとしている。コンポーネントはシマノ・105をフル装備アルミフレームながら造形はカーボンのようで、ハンガー部分もとてもスッキリとしている。コンポーネントはシマノ・105をフル装備
空気抵抗を増やすことなく装着し、速度、距離、ケイデンスを測定できるDuoTrap Sセンサーに対応する空気抵抗を増やすことなく装着でき、速度、距離、ケイデンスを測定できるDuoTrap Sセンサーに対応する
アルミフレームだが、幅広のBB86.5を採用。優れたパワー伝達効率で、鋭い加速に貢献するアルミフレームだが、幅広のBB86.5を採用。優れたパワー伝達効率で、鋭い加速に貢献する

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

米山 カーボン製のエモンダが「トレック史上最軽量」を旗印に、華々しくデビューしたのが昨年7月。「エモンダALR」は、カーボンモデルのラインナップが一度完成した状態から、その最上位モデル「エモンダSLR」をベースに、素材をアルミに換えて完成車20万円前後の価格帯に再構築したバイクと言えるだろう。

松尾 ええ、新機種でありながらすでに洗練された印象ですし、価格から考えると非の打ち所がありません。見た目の安っぽさなんて皆無だし、最初の一台としては最適なバイクですね。素性がいいのでカスタムしても長期間楽しめるのではないでしょうか。

米山 アルミ素材の成型技術の進歩から、ルックスも含めてカーボン製のエモンダ上位機種に近いテイストを再現している。この20万円前後の価格帯であれば、アルミ素材のほうが実用的で性能にも満足できるバイクが作りやすいのではないだろうか。

松尾 乗り味は金属的な硬さを持ちつつも、ガチガチではなく、しなやかさもありました。基本的にはオーソドックスな乗り味なので、クセはないし、バランスに偏りがなく、誰もが乗りやすいと感じるでしょう。

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm

米山 そうだね。エモンダの最上位機種を試乗したときに、トレックのロードバイクを再定義したものだという印象を受けたけれど、その上位機種の流れを汲んでいると感じた。表現が難しいけれど、一言でいうと、とてもスタンダード。エモンダALRはカーボン製のSLRと同じように安定しているし、スピード域もかなり高いところまで想定して対応させていると思う。

松尾 ハンドリングや乗り味はまさにエモンダでしたね。加速はどの速度域からでも同じように伸びました。

米山 うん、全域で良く進む感じだった。その上で、ロードレースを走るバイクとしては万人にすすめられる一台だと思う。実業団クラスに出るようなライダーにも使えるバイクでは。

松尾 登りではリヤからスピードを乗せていくような、上位モデルと同じ進み方を感じました。ホイールの重さが少し気になったので、このバイクに慣れてきてステップアップをするなら、もう少し軽いホイールに変えると良いと思います。下りは特に弱点なしです。個人的には、見た目のシンプルさがカッコよく思えました!

米山 必要以上にトガった部分はなく、ファンライダーも安心して使えるけれど、レース志向の人にぜひ乗ってほしいバイクだね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

15~20万円のロードバイクトレック(TREK)のロードバイク

15~20万円 アルミ トレック バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載