title banner

栗村修の“輪”生相談<47>35歳男性「尿酸値の数値が高く、痛風になるのではと心配しています」

  • 一覧

 
ロードバイクを始めて6年目になる会社員です。基本的に毎週末、100kmから200kmほどサイクリングやトレーニングを楽しんでいます。

 ここ2、3年、健康診断で尿酸値の数値が高く、痛風になるのではと心配しています。最初は食生活に気をつけて、プリン体を多く含む食べ物やアルコールの摂取を控えたのですが、健康診断の結果は特に変わらなかったので、別に原因があるのではないかと色々調べました。

 その結果、過度の運動(無酸素運動)や乳酸との関係性が尿酸値を上げる原因というのが分かってきました。また、アスリートに痛風を発症される方が多いということも知りました。

 ロードバイクに乗っている以上、ロングライドやヒルクライムなどでは無酸素運動状態が付き物ではないかと思います。ましてやロードの選手は、トレーニングやレースなどで常に体に負荷をかけていると思うのですが、なにか対策をされているのでしょうか。素人でも取り入れやすい対策などがあったら、アドバイスをいただけると助かります。

(35歳男性)

 まず、僕は医学の専門家ではないということはご承知いただきたいと思います。痛風についても専門的な知識はありません。ですから、何か疑問が出た場合は、お医者さんの判断を仰ぐのがよいと思います。そのことを踏まえた上で、元選手・監督としてお答えしますね。

 たしかに、アスリートには痛風が多いという情報もありますね。が、結論から言いますと、僕は痛風の兆候があったロードレーサーはひとりしか知りません。選手として、また監督として、軽く三ケタにのぼる人数の選手たちと接してきましたが、頻繁に耳にする病名ではありませんでした。狭い世界なので病気の噂なども伝わりやすいのですが、基本的に有酸素運動がベースとなるロードレースの世界で、痛風の話はあまり聞いたことがないですね。

 その一人とは、宇都宮ブリッツェンの元選手でキャプテンを務めていた中村誠君です。ツール・ド・北海道の期間中に彼と引退の話をした時に、痛風の話が出たのをよく覚えています。

熱い走りとレースに懸ける姿勢から「ミスター・ストイック」と呼ばれた中村誠選手熱い走りとレースに懸ける姿勢から「ミスター・ストイック」と呼ばれた中村誠選手

 中村君はパンチャー系の選手で、短時間高強度の反復メニューを多くこなしていました。また、そもそも彼は、トレーニングのなかで自分をとても追い込むタイプのレーサーでした。さらにキャプテンになってからは、責任感の強い性格が影響して、精神的にも大きなストレスと戦っていたようにおもいます。結果として「無酸素運動」や「ストレス」といった、痛風に関連するキーワードが彼の身のまわりに揃ってしまったのかもしれません。

 また、痛風対策として、水をしっかりと飲むということが言われているようですね。中村君もそう言っていました。痛風云々を抜きにしても、大量に汗をかくサイクリストに水分補給が欠かせないのは、言うまでもありません。

 僕が持つ浅い知識がベースとなってしまいますが、「トレーニングであまり追い込み過ぎない」「日常生活も含めてストレスを溜めない」「普段から水分補給を意識する」といったことを心がけると良いかもしれませんね。いずれにしても、定期的にお医者さんに相談されることがベストだと思います。

(編集 佐藤喬・写真 米山一輝)

回答者 栗村修(くりむら おさむ)

 一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役、ツアー・オブ・ジャパン 大会副ディレクター、スポーツ専門TV局 J SPORTS サイクルロードレース解説者。選手時代はポーランドのチームと契約するなど国内外で活躍。引退後はTV解説者として、ユニークな語り口でサイクルロードレースの魅力を多くの人に伝え続けている。著書に『栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング』『栗村修の100倍楽しむ! サイクルロードレース観戦術』(いずれも洋泉社)など。

※栗村さんにあなたの自転車に関する悩みを相談してみませんか?
ml.sd-cyclist-info@sankei.co.jpまでお寄せください。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

栗村修の“輪”生相談

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載