【Teamユキヤ通信】グランプリ・ドゥナン新城幸也はコカールをアシスト 好調を維持し「次のアルデンヌクラシックが楽しみ」

  • 一覧

 新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は4月16日、フランスの北部、ベルギーにほど近いドゥナンで行われた「グランプリ・ドゥナン(UCI1.1、クップ・デュ・フランス)」に出場した。

 コースは平坦基調。チームはエーススプリンターのブライアン・コカール(フランス)のゴールスプリントに備える作戦だ。レース序盤に3選手の逃げができ、メーン集団ではスプリントで有力視されるナセル・ブアニ(フランス)擁するコフィディスがコントロールする展開となった。逃げる3選手と集団とのタイム差は3分前後でレースは進む。

​周回コースに入りカメラを見つけ笑顔を見せる新城(Photo: Miwa IIJIMA) 周回コースに入りカメラを見つけ笑顔を見せる新城(Photo: Miwa IIJIMA)

 しかし、終盤の周回コースに入ってから簡単に縮まると思われていたタイム差は、逃げる3選手が粘りを見せ、なかなか縮まらない。ラスト10㎞を切った時点で、ようやくタイム差が1分を切り、コフィディス以外のチームも協調して3選手を猛追する。

 ゴール手前1Kmでついに逃げは集団に飲み込まれ、最後は予想どおりの集団ゴールスプリント。終始レースをリードしたコフィディスのブアニがチームメイトの働きに応える勝利をあげた。チーム ヨーロッパカーはゴール前でチームがうまく機能せず、コカールは10位に終わった。

​ゴールスプリントでブアニがガッツポーズ。中央にはコカールの姿が確認できる(Photo: Miwa IIJIMA) ゴールスプリントでブアニがガッツポーズ。中央にはコカールの姿が確認できる(Photo: Miwa IIJIMA)
昨年までツール・ド・フランスの審判長を務めたジァンフランソワ・ペシュー氏にあいさつする新城。ペシュー氏はこのレースの審判長(Photo: Miwa IIJIMA)昨年までツール・ド・フランスの審判長を務めたジァンフランソワ・ペシュー氏にあいさつする新城。ペシュー氏はこのレースの審判長(Photo: Miwa IIJIMA)

 集団後方でゴールした新城は64位。「失敗レースだったね。チームのみんなの連携がうまくいかなかった」とレースを振り返った。一方で自身の走りに関しては「調子はとても良いので、次のアルデンヌクラシックが楽しみ。この2日間でしっかり調整して臨みたい」と語るなど、手応えを感じたようだ。

 レース後の新城は一旦自宅に戻り、週明けの4月20日にベルギーへ出発。22日にフレッシュ・ワロンヌ(ベルギー)、26日にリエージュ〜バストーニュ〜リエージュ(ベルギー)と、2つのアルデンヌクラシックに出場し、ツール・ド・ロマンディ(スイス)まで2週間の遠征が続く。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載