「日本サイクルスポーツセンター」近くを走る電車伊豆箱根鉄道で『劇場版 弱虫ペダル』のキャラクターラッピング電車 4月18日から運行

  • 一覧
『弱虫ペダル』キャラクターラッピングが施された、伊豆箱根鉄道・駿豆線の3502編成『弱虫ペダル』キャラクターラッピングが施された、伊豆箱根鉄道・駿豆線の3502編成

 静岡県の三島から修善寺を結ぶ、伊豆箱根鉄道・駿豆線で、『劇場版 弱虫ペダル』のキャラクターラッピング電車が4月18日から運行される。今夏公開されるシリーズ初の長編映画の告知に合わせてのコラボ企画で、9月末までの運行を予定している。

 『弱虫ペダル』は2008年から少年チャンピオン誌に連載されており、2013年10月より第1期シリーズが、2014年10月より第2期シリーズがTV放送され、大人気を博した。劇中では修善寺駅近くの「日本サイクルスポーツセンター」が描かれており、マンガ・アニメの舞台を訪れる“聖地巡礼”をするファンもいるという。日本サイクルスポーツセンターには、国内唯一の国際規格の自転車競技場「伊豆ベロドローム」があり、2020年東京五輪の自転車トラック種目の会場として検討されている。

「箱学」と「総北」のメンバーが描かれた側面「箱学」と「総北」のメンバーが描かれた側面

 ラッピング電車として運行するのは、駿豆線の3000系・3502編成(3両)。3000系は同線初の冷房車両として1979年に登場し、現在も同線で最大勢力を誇る形式だ。一次形として1980年に製造された3502編成は、爽やかなブルーとホワイトのカラーリングと、個性的な2枚窓の“顔”をもつ。

『劇場版 弱虫ペダル』のティザーポスター『劇場版 弱虫ペダル』のティザーポスター

 『弱虫ペダル』のキャラクターは、各車両の側面扉の間に、主人公が所属する総北高校チームのメンバーの6人と、ライバルの箱根学園チームの6人とが、それぞれ描かれている。車両前面には、特別ヘッドマークが掲げられる。

 『劇場版 弱虫ペダル』は、原作者の渡辺航さんが書き下ろした完全オリジナルストーリー。詳細はまだ明らかになっていないが、公開されたティザー画像では、主人公の小野田坂道と、3年生の先輩クライマー・巻島裕介が背中合わせに立ち「強くなれ。」とメッセージが添えられている。アニメ本編と同様に、熱い熱い成長物語が展開されるはずだ。

『劇場版 弱虫ペダル』キャラクターラッピング電車 運行情報

運行車両:駿豆線 3502編成(3両)
運行期間:4月18日(土)~9月末(予定) 
※一日2~11往復。運用により運休する場合もございます

運行時刻:(駿豆線時刻表の「列車番号」と合わせてご確認ください)
4月18日
上り  208、24、38、52、66、80、94、108、122、134
下り  11、27、41、55、69、83、97、111、125、137
4月19日
上り  2、16、32、46、60、74、88、102、116、128、140
下り  5、19、35、49、63、77、91、105、119、131
4月20日
上り  14、30、44、58、72、86、100、114、126、138
下り  1、17、33、47、61、75、89、103、117、129、241
4月21日
上り  18、34、48、62、76、90、104、118、130
下り  21、37、51、65、79、93、107、121、133
4月22日
上り  6、22、36、50、64、78、92、106、120、132
下り  9、25、39、53、67、81、95、109、123、135
4月23日
上り  10、26、40、54、68、82、96、110
下り  13、29、43、57、71、85、99、11
※運行時刻は予告なしに変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください
※4/24以降の運行時刻については下記までお問合せください
伊豆箱根鉄道 広報課 担当 秋山、志村、杉原
TEL: 055-977-0010  FAX: 055-977-1461 E-mail: koho02@izuhakone.co.jp3

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

弱虫ペダル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載