【Teamユキヤ通信】フレッシュ・ブラバッソンヌ新城幸也は終盤まで先頭を争い12位 次週はフレッシュ・ワロンヌとリエージュ出場へ

  • 一覧

​ チーム ヨーロッパカーの新城幸也は4月15日、ベルギーのブリュッセル近郊で開かれたフレッシュ・ブラバッソンヌ(UCI 1-HC)に出場し、セカンドグループでゴールスプリントに挑んで12位でゴールした。

 この日のコースは全長205kmの中に26か所の丘越えが設けられ、選手たちにとっては休みどころのないレイアウト。さらに、4月のベルギーとは思えないほど気温が上昇し、暑さに体力を奪われる選手も。厳しいサバイバルレースとなった。

チーム・プレゼンテーションで手を振る新城幸也 (Photo:Miwa IIJIMA)チーム・プレゼンテーションで手を振る新城幸也 (Photo:Miwa IIJIMA)

 ヨーロッパカーの戦略は、ブライアン・コカールと新城がスプリント勝負に残ること。このため前半は無駄な体力を使わぬよう、足をためて(温存して)走れという指示があった。

 レースは前半、80kmにも及ぶアタック合戦の末、2選手がエスケープに成功。集団はやっと沈静化し、終盤の短い坂が連続する周回コースに入るまで、逃げる2選手とのタイム差は3分ほどで進んでいった。

勝負どころに向けてトマ・ヴォクレールとともにレースを展開する新城幸也 (Photo:Miwa IIJIMA)勝負どころに向けてトマ・ヴォクレールとともにレースを展開する新城幸也 (Photo:Miwa IIJIMA)

 新城は前方の位置取りをキープしながらも、昨年の経験を生かし、周回コースに入るまでは様子を見ながら体力を温存。周回に入ると有力選手を擁するチームが一斉にペースをあげ、逃げていた2選手を一気にとらえた。集団は活性化し、再びアタック合戦が始まり、選手はみるみるふるいにかけられていった。

 新城は人数がかなり絞られた集団にとどまり、一度アタックを試みたがすぐに吸収され、その直後にアタックしたベン・ヘルマンス(BMCレーシングチーム)が独走で優勝。新城は12位でレースを終えた。

日本人選手では新城のほかに別府史之(トレック ファクトリーレーシング)も出場 (Photo:Miwa IIJIMA)日本人選手では新城のほかに別府史之(トレック ファクトリーレーシング)も出場 (Photo:Miwa IIJIMA)
12位でゴールし、悔しそうな表情を見せる新城幸也 (Photo:Miwa IIJIMA)12位でゴールし、悔しそうな表情を見せる新城幸也 (Photo:Miwa IIJIMA)

 レース後、新城は次のように語った。

 「今日は調子よく走れた。 ここに来るまでのレーススケジュールもバッチリで、しっかり回復して走ることができた。 最後を任されたからには結果を残したかったが、12位という順位は残念。しかしレース内容には満足している。残り1周で追走して力を使ったにもかかわらず、最後のスプリントまででき、コンディションが昨年よりも良いと再確認できた」

◇         ◇

 新城はきょう4月16日にフランス北部で開かれるグランプリ・ドゥナンへ出場予定。翌週は22日にフレッシュ・ワロンヌ(ベルギー)、26日にリエージュ〜バストーニュ〜リエージュ(ベルギー)、そして28日から5月3日にかけてはステージレースのツール・ド・ロマンディ(スイス)への出場が決まっている。

 今後のレースについて新城は、「明日(16日開催のグランプリ・ドゥナン)はコカールのスプリントのアシストになるだろう。その次にはフレッシュ・ワロンヌ、リエージュと続くので、ピエールのアシストとしても頑張りたい」と語った。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載