産経新聞栃木【一押し】よりサイクリングカフェ JIGGLE(宇都宮市) 野菜シャキっと「ジャーサラダ」

  • 一覧

ニューヨークの流行をアレンジ

地元の大谷石を使った落ち着いた内装。栗又尚美さんは、サイクリング中に気軽に立ち寄れる場所が欲しいと思い、自ら開店した地元の大谷石を使った落ち着いた内装。栗又尚美さんは、サイクリング中に気軽に立ち寄れる場所が欲しいと思い、自ら開店した

 今週、新メニューの販売を始めた。広口の保存用ガラス瓶「ジャー」(480ml)に野菜などを詰め込んだ「ジャーサラダのランチ」。昨年5月にこの店を開いた栗又尚美さん(33)は「密閉性が高く、数日たった葉物野菜がシャキっとしたまま。食べる前に瓶を振って、皿に開けて食べます」と話す。瓶を振ることでドレッシングも少ない量で適度になじむ。

 サラダを作り置きして食べる米ニューヨークの流行が上陸。栗又さんは、野菜だけではなく、冷製ぶたしゃぶをミックスして男性でも食べ応えのあるアレンジメニューもそろえ、ライス、スープとのセットで販売する。

 瓶の回収が課題だが、テークアウトも計画中。サイクリングの途中に立ち寄る常連客が多い店なので需要も高まるはずだ。

 アジア最高峰のレース「ジャパンカップ・サイクルロードレース」が開かれる宇都宮市森林公園(同市福岡町)へ向かう自転車愛好家の姿も目立つ大谷街道沿いの店には、自転車ロードレースの強豪チーム、宇都宮ブリッツェンの選手が練習中に立ち寄ることもある。自転車レースにも出場する写真家、宇賀神善之さんは立ち寄ったことをきっかけに店内に作品を展示するようになった。サイクリング仲間の交流、情報交換にも一役買い、「自転車のまち宇都宮」にふさわしいサイクリング基地だ。

「ジャーサラダ」は常時2、3種を用意「ジャーサラダ」は常時2、3種を用意

 店名の「ジグル」は「体がぷるぷる揺れるという意味」と栗又さん。「膝がぷるぷる、疲れたら寄ってください」

 店内の料理には、塩谷町の農家から直接買い取る無農薬野菜を使い、野菜の店頭販売もしている。

 また、ロードバイク、クロスバイクが並び、「レンタルサイクル・ステーション」として自転車の貸し出しも。親子連れが安全に走れる大谷周辺のお薦めコースも紹介している。 (産経新聞宇都宮支局 水野拓昌)

■JIGGLE(ジグル)カフェ・アンド・ベジタブル

住所=宇都宮市大谷町の1。☎028・612・3906
営業時間=午前9時~午後6時半
定休日=火曜
主なメニュー=ブリッツェンバーガーセット(サラダ、ドリンク付き)650円、ジャーサラダのランチ(ライス、スープ付き)900円。いずれも税別
自転車の貸し出しは午前9時~午後5時(月・火曜休み)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

グルメ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載