広島・ONOMICHI U2とのコラボ製品を発売自転車で得たインスピレーションをデザインに ポール・スミス氏インタビュー

  • 一覧

 英国のファッションブランド「Paul Smith」(ポール・スミス)が、サイクリストのための複合施設「ONOMICHI U2」(広島県尾道市)とのコラボレーション製品の発表会を4月10日、同施設で開いた。発表に合わせて来日したデザイナーのポール・スミス氏が「Cyclist」の単独インタビューに応じた。(聞き手 柄沢亜希)

自転車を軽々と持ち上げてみせるポール・スミス氏。バイクはピナレロ「ドグマF8」とコラボして自身がデザインしたスペシャルエディション(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)自転車を軽々と持ち上げてみせるポール・スミス氏。バイクはピナレロ「ドグマF8」とコラボして自身がデザインしたスペシャルエディション(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)

サイクリングを愛している雰囲気に包まれて

 これまで自転車に対する想いを英国のサイクルウェアブランド「Rapha」(ラファ)とのコラボレーション製品や、ロードレース「ジロ・デ・イタリア」「ドバイツアー」の各賞ジャージのデザインなどに表してきたスミス氏。「自転車は、映画、音楽、美術展、各国を訪れた印象などと並んで、コレクションに影響するインスピレーションのひとつ」と話す。

 2014年末には、満を持してサイクルウェアコレクション「Paul Smith 531」を発表した。コレクション名の数字「531」は、自身も愛用する英レイノルズ社のスチールバイクフレームのチューブ「Reynolds 531」に由来する。

 今回のONOMICHI U2とのコラボレーションは、U2の中核施設であるサイクルホテルの噂を聞いたスミス氏が「ぜひ行ってみたい」と2014年10月に訪れたことから始まった。スミス氏は、「実際に来てみると、ホテルだけでなく尾道の街全体でサイクリングを愛している雰囲気が伝わってきました」と振り返る。

海沿いに建つONOMICHI U2はサイクリストの拠点にもなっている(写真・柄沢亜希)海沿いに建つONOMICHI U2はサイクリストの拠点にもなっている(写真・柄沢亜希)
焼きたてのパンや地域の特産品が並ぶショップ(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)焼きたてのパンや地域の特産品が並ぶショップ(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)
ファッション・雑貨などが並んだONOMICHI U2のショップ(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)ファッション・雑貨などが並んだONOMICHI U2のショップ(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)

 「(ホテルに加えて)自転車ショップやすてきなカフェがあり、居心地がいいなと感じていたところへ、『ここで販売するサイクリングウェアやグッズを作ってみてはどうか』という話をU2の担当者からいただき…それが実現したのです! 『531』の名前とともに、Tシャツ、ジャージ、キャップ、バッグなどのシンプルでいいラインナップをそろえることができました。カラーには、海や青い空を連想させるブルーを選びましたよ」

ONOMICHI U2は「居心地がいい」とポール・スミス氏(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)ONOMICHI U2は「居心地がいい」とポール・スミス氏(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)
コラボレーション製品は海や青い空を連想させるブルーを多用(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)コラボレーション製品は海や青い空を連想させるブルーを多用(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)

「新しいアイデアを待っている」

ポール・スミス氏は隙があれば自転車で走り回っていた(写真・柄沢亜希)ポール・スミス氏は隙があれば自転車で走り回っていた(写真・柄沢亜希)

 英国ではロンドンを中心に、市民と行政機関が連携して自転車の活用やサイクリング文化の振興を活発化している。スミス氏も、「毎日じゃないけれど時々」自転車での移動に親しんでいるという。そうしたムーブメントの影響されるかどうかは「50/50(フィフティーフィフティー)の関係」とスミス氏。「いまは動きやすくアクティブな場面に適した素材もたくさんあります」と語り、ニーズを見極めつつ、最先端の技術をデザインに積極的に取り入れる姿勢を示した。

 またスミス氏は、「自転車は混雑する街中での移動手段としてはとても便利。駐車場や渋滞に頭を悩ませなくても済みますからね。ただし、今年に入ってすでに30人近くのライダーが事故で亡くなるなど、危険とも隣り合わせ」と指摘。ポール・スミスのサイクリングウェアでは、ファッションとしてポケットをあしらったり、雨天時の用途を考慮したりしているほか、「視認性を高めるなど実用的であることも重要です」とアピールした。

ポール・スミスとONOMICHI U2のコラボ製品ラインナップは8アイテム(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)ポール・スミスとONOMICHI U2のコラボ製品ラインナップは8アイテム(写真・SANKEI EXPRESS 田中幸美)

 最近では、イタリアのバイクブランド「ピナレロ」のロードバイク「ドグマF8」をスペシャルエディションとしてデザインする機会に恵まれた。インタビュー前に自分用のドグマF8とともに撮影をした際には、発表されたばかりのトラベルスーツコレクションに身を包み、「(このスーツは)伸縮性があって着心地もいいんですよ」とサドルを降りることなく軽やかに近辺を走り回っていた。

 自転車などとのコラボレーション企画についてスミス氏は、「周りの人たちから新しいアイディアを提案してくれることが多いんです。だからいまは、また新しいアイディアを待っているっていうところかな」と楽しそうに微笑んだ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ONOMICHI U2 インタビュー ポール・スミス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載