今年は9月13日に開催「ツール・ド・東北」2015年大会の概要発表 定員3500人に拡大し4月中旬より参加受付

  • 一覧

 東日本大震災の被災地復興を支援するサイクリング大会「ツール・ド・東北」の2015年大会概要が発表された。9月13日に開催される今年は募集人数を3500人とし、昨年の3000人からさらに拡大。また比較的短い距離で広い地域を走ることができる「ワンウェイ」コースが追加された。4月下旬より優先出走エントリー、5月中旬より一般出走エントリーを受け付ける。

美しい沿岸の景色を望みながら走る =2014年大会より(大星直輝撮影)美しい沿岸の景色を望みながら走る =2014年大会より(大星直輝撮影)

 コースは走行距離60、95、100、170、211kmの全5コースを設定。今年から新設された95kmの「気仙沼ワンウェイフォンド」では、これまで170kmか211kmの長距離コースでのみ走行できた南三陸町や気仙沼市を、気仙沼市から石巻市への一方通行コースとすることで、比較的短い距離で巡ることができる。そのほかのコースは石巻市をスタート・ゴールとする。

 参加申し込みは大会公式サイトで、4月下旬より優先エントリーとして、2013年大会と2014年大会に大会クルー(大会運営ボランティア)として参加した人むけの募集を行う。一般参加者の募集は5月中旬からで、申込者多数の場合は抽選のうえ、6月上旬に結果発表を行う。

大会開催3年目 被災地の現状と変化を感じよう

気仙沼向洋高校跡地の近くを走る (写真:ツール・ド・東北2014 実行委員会)気仙沼向洋高校跡地の近くを走る (写真:ツール・ド・東北2014 実行委員会)

 ツール・ド・東北は2013年より開催されており、今年で第3回目。多くの参加者が広い地域を走ることで、被災地の現状と変化を感じる大会として、10年の継続開催をひとつの目標としている。

 大会コースとなる地域では今年3月21日、新しい女川駅が開業してJR石巻線が全線復旧。また5月30日には仙台・石巻間を結ぶJR仙石線が全線復旧を予定するなど、徐々に復興が進んでいる。

 参加者は復興の息吹と現状を間近に感じるとともに、海岸線を含む豊かな自然の景色や、コース途中のエイドステーションなどで、食をはじめとした“東北の魅力”に触れることができる。

たくさんの漁船が浮かぶ石巻市北上町の港 =2014年大会より(大星直輝撮影)たくさんの漁船が浮かぶ石巻市北上町の港 =2014年大会より(大星直輝撮影)
エイドステーションで味わえる各種グルメも大会の魅力 =2014年大会より(大星直輝撮影)エイドステーションで味わえる各種グルメも大会の魅力 =2014年大会より(大星直輝撮影)

■ツール・ド・東北 2015(Tour de TOHOKU 2015) 開催概要

主催: 株式会社河北新報社、ヤフー株式会社
特別協力: 株式会社TBSテレビ、石巻専修大学
開催日: 2015年9月13日(日) ※開催前日の9月12日に受け付け
開催場所: 宮城県石巻市・女川町・南三陸町・気仙沼市
募集人員: 3,500人(予定)

コース・エントリー料:
気仙沼ワンウェイフォンド(95km) 11,000円
気仙沼フォンド(211km) 15,000円
南三陸フォンド(170km) 11,000円
北上フォンド(100km) 9,000円
女川・雄勝フォンド(60km) 8,000円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・東北 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載