2017年ワールドツアーで正式導入UCIがロードレースでのディスクブレーキ解禁へ 今年8、9月のレースでテストを実施

  • 一覧

 国際自転車競技連合(UCI)は4月14日、世界スポーツ用品工業連盟(WFSGI)との共同発表で、プロロードレースにおける将来的なディスクブレーキ使用解禁を見据えたテストを、今シーズンより開始することを明らかにした。

ロードバイクのフロントフォークに装備されたディスクブレーキロードバイクのフロントフォークに装備されたディスクブレーキ

 具体的には、まず2015年のプロロードレースシーズン中、各チームは8月と9月のレースから2つのイベントを任意に選んでディスクブレーキを使用することができる。テストは2016年シーズンには全レースを対象に拡大され、結果が良好であれば、2017年のワールドツアーでディスクブレーキを正式に解禁する。最終的には全てのレベルでのロードレースで、ディスクブレーキが使用できるようになるという。

 ブライアン・クックソンUCI会長は発表のなかで、「ディスクブレーキはすでにマウンテンバイク、シクロクロスのレースで実績があるが、ロードレースへの導入はライダーやチーム、サプライヤーを含めて慎重に行っていく必要がある」とコメント。自転車競技をより魅力的にするために、技術革新を推し進めていくという。

大手自転車メーカー各社は、すでにディスクブレーキ搭載ロードバイクの投入を本格化させている(写真はGIANT DEFY ADVANCED SL)大手自転車メーカー各社は、すでにディスクブレーキ搭載ロードバイクの投入を本格化させている(写真はGIANT DEFY ADVANCED SL)

 UCIはロードレースの使用機材について、これまでディスクブレーキの使用制限以外にも、完成車最低重量や、フレーム形状、構造など、さまざまな制限を規則で設けている。伝統的な自転車と競技の形を守る意図があるといわれるが、自転車やパーツのメーカーからは、新たな製品開発や技術革新を妨げると疑問の声も上がっている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載