U25の若手選手が対象ヨーロッパ留学をサポート「パールイズミ ロードレース・スクール」参加者募集開始

  • 一覧
ヨーロッパのレースで実戦経験を積める「パールイズミ ロードレース・スクール」ヨーロッパのレースで実戦経験を積める「パールイズミ ロードレース・スクール」

 サイクルウェアブランドのパールイズミが、ヨーロッパへの短期留学をサポートするプログラム「パールイズミ ロードレース・スクール」の参加者募集をスタートした。本場でレース経験を積みたい若手選手を対象に、渡航費や現地での宿泊、移動費などがサポートされる。

 留学先のベルギーでは、現地在住の元プロロードレーサーで、自転車競技のコーチ資格をもつ山宮正さんがコーチを担当する。参加者はベルギーやオランダで、ロードレースの基本といえる平地のレースに参加する。海外で走るために不可欠な技術と能力を養うとともに、海外遠征において必要となる知識も身につけられる。

海外のレースを戦うために必要な技術や知識を学ぶことができる海外のレースを戦うために必要な技術や知識を学ぶことができる

 ロードレース国内最高峰カテゴリーの「Jプロツアー」で活躍している安原大貴選手(マトリックスパワータグ)や窪木一茂選手(チームUKYO)ら、過去の受講者もプロ選手として活躍を見せている。

「パールイズミ ロードレース・スクール」募集概要

対象年齢: 男子U25カテゴリー(19歳以上、25歳未満)
期間: 2015年8月3日(日本発)~9月3日(日本着)
募集人数: 2人
募集期間: 2015年5月7日まで(当日必着)
応募先: 〒130-0026 東京都墨田区両国 2-4-2
株式会社パールイズミ パールイズミ ロードレース・スクール係
応募書面には、住所、氏名、年齢、生年月日、職業(学生の場合は学校名)、戦歴、競技経験を記載した書類及び「今回のスクールへの抱負、および今後の目標」(800字程度にまとめたもの)をあわせて提出。
発表: 2015年5月中旬予定 ※書類選考通過者には随時連絡がある
サポート費用: 成田(または関空)~ベルギー間渡航費、ホテル宿泊費(朝食付き)、スクールの活動に伴う現地移動費
自己負担費用: 渡欧前の健康診断、現地の生活に関する費用、成田空港(関空)と自宅間の
費用および海外旅行保険、スペアーパーツ、国際ライセンスなどの必要書類発行料、レースエントリー代、レースおよびトレーニングで必要となる補給食、飲料代、パスポート取得に掛かる費用など

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

パールイズミ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載