新製品情報ミヤタからクラシカルなクロスバイク「トライクロスR」新登場 細身のクロモリフレーム採用

  • 一覧

 ミヤタサイクルから、細身のクロモリフレームを採用したクロスバイク「TRYCROSS R」(トライクロス R)が4月15日に発売される。内部にらせん状の補強が加工された独自のS.S.T.B.クロモリチューブ素材によるクラシカルなフレームに、シックで高級感あふれるカラーリングが施された。気軽にサイクリングやポタリングを楽しめる、大人の雰囲気のクロスバイクだ。

MIYATA TRYCROSS R(ミヤタ トライクロス R) キャンディーブラウン・48cmサイズMIYATA TRYCROSS R(ミヤタ トライクロス R) キャンディーブラウン・48cmサイズ

ミヤタ独自の高性能チューブ

内部に「スパイラル・スプライン」が施された、S.S.T.B.クロモリチューブ内部に「スパイラル・スプライン」が施された、S.S.T.B.クロモリチューブ

 トライクロス Rは、スピードを求めるのではなく、クロモリならではのしなやかな乗り心地を優雅に楽しむ狙いで設計された。ミヤタ独自のS.S.T.B.(スパイラル・スプライン・トリプル・バテット)クロモリチューブは、肉厚を3段階変化させたトリプルバテットチューブの内側に、らせん状の内部補強リブを施したもの。重量を抑えつつ剛性と耐久性を高め、クロモリ独特のしなりを存分に生かすことができる。ミヤタサイクルのハイエンドモデル 「HandMade in Japan」シリーズにも採用される高性能チューブだ。

 フロントフォークは、こちらも細身のクロモリ製ストレートフォーク。前後に伝統的なカンチレバーブレーキを採用し、ブレーキレバーにはホイール脱着時にブレーキを開放できる便利なクイックリリースを搭載する。

フロントはクロモリ製ストレートフォーク。ブレーキはカンチタイプフロントはクロモリ製ストレートフォーク。ブレーキはカンチタイプ
ブレーキレバーには、ホイール脱着時にブレーキを開放する、赤いクイックリリースを装備するブレーキレバーには、ホイール脱着時にブレーキを開放する、赤いクイックリリースを装備する
シルバーシャイン・43cmサイズシルバーシャイン・43cmサイズ

 タイヤはロードバイクと同じ700Cながら、太めで乗り心地がよく安定感の高い28mm幅を採用。高圧に耐え空気圧調整が容易な仏式バルブ仕様だ。変速は前3段×後8段の24段変速。変速機はシマノ・アルタス、シフトレバーにはシマノ・アセラを採用する。

 フレームサイズは43cm(適応身長155~168cm)、48cm(同165~178cm)の2サイズ。カラーリングは落ち着きのあるキャンディーブラウンとシルバーシャインの2色が展開される。


■MIYATA TRYCROSS R
発売日:2015年4月15日
標準現金販売価格:79,800円(税込)
カラー:キャンディーブラウン(OY86)、シルバーシャイン(OS60)
サイズ:43cm、48cm

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

5~10万円 クロスバイク ミヤタ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載