サイクリストの山田美緒さんがプロデュースシンガポールを巡る2泊3日サイクリングツアー登場 レンタサイクルで気軽に参加OK

  • 一覧
常夏のシンガポールではナイトサイクリングが定番。美しい夜景にも出会える常夏のシンガポールではナイトサイクリングが定番。美しい夜景にも出会える

 一般社団法人コグウェイを設立し、「四国ディスカバリーライド」や「コグウェイ in 台湾」といったサイクリングツアーを主宰してきた山田美緒さんが、シンガポールを巡る日本人向けサイクリングツアーを企画。現地の旅行会社「シャングリラアドベンチャー」とともに募集を開始した。ツアーは2泊3日で、2015年5月以降、申し込みがあれば随時開催される。レンタサイクル利用プランのため、気軽に参加できることも魅力だ。

シンガポールを満喫できる「自信作」

 山田さんは、2004~2005年にアフリカ大陸で自転車一人旅をしたのをはじめ、これまで10年間にわたって世界各地を自転車で駆け巡ってきたアドベンチャーサイクリスト。また、コグウェイのイベントのほかに、エリトリアや中東でのグループツアーも手がけてきた。

 2014年からはシンガポールで暮らし、現地でも家族と一緒にサイクリングを楽しんでいる。シンガポールの国土は日本の淡路島ほどの大きさで、1周110km程度。自転車でゆっくりと走っても「1、2日あれば周回できてしまう」というコンパクトな環境は、自転車旅にとって魅力的なのだという。

マーライオンなどの名所があるマリーナエリア ©eureka cycling Singaporeマーライオンなどの名所があるマリーナエリア ©eureka cycling Singapore
自転車とヘルメットはレンタルできます自転車とヘルメットはレンタルできます

 山田さんは「『シンガポールツアーやらないの?』という嬉しいリクエストをあちこちからもらったので、ゴールデンウィークといった連休や週末を利用してシンガポールを満喫できるようなプランを作りました」と説明する。企画のパートナーであるシャングリラアドベンチャー社のアルビン・ロウ社長(Alvin Low)は、シンガポールのサイクリングコースを知り尽くした人物といい、山田さんは今回のツアープランを「かなりの自信作です」とアピールする。

2日目は「パークコネクター」をメインに東半周サイクリング ©eureka cycling Singapore2日目は「パークコネクター」をメインに東半周サイクリング ©eureka cycling Singapore

食とサイクリングの“フルコース”

 シンガポールの醍醐味を余すところなく盛り込んだという今回のツアー。なかでも、初日のナイトサイクリングは大きな特徴だ。常夏のシンガポールでは、少しだけ涼しさを感じられるナイトサイクリングが定番なのだという。マーライオン、マリーナサンズ、ガーデンズバイザベイなど人気のマリーナエリアで美しい夜景に出会えるほか、夕食は現地での生活に欠かせない屋台村「ホーカーズ」に立ち寄る。

シンガポールの夜の街をサイクリングでめぐるシンガポールの夜の街をサイクリングでめぐる
シンガポール名物のチリクラブシンガポール名物のチリクラブ

 「物価は高くても、食は例外!」と力説する山田さん。ホーカーズでは3~4シンガポールドル(300円程度)あれば料理が楽しめるという。ジャンルはインド料理、マレー料理、中華、和食、イタリアン、ジャンクフード…と多彩で、山田さんのお勧めはチリクラブ。カニを殻ごと味わい、コクがあるピリ辛のスープを揚げパンにつけて食べるそうだ。

 また、女性に大人気なのはラクサ。「魚介とココナツミルクベースのちょっと辛いスープで食べるお米の麺」という。さらにインドネシア料理のサテ、甘いピーナッツソースで食べる焼き鳥(チキン、ラム、牛)などが人気で、マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツからドリアンまでフルーツも勢ぞろい。「かき氷や甘い焼き菓子、蒸し菓子といったスイーツもおいしいですよ」と山田さんはアピールする。

自転車と歩行者用の道「パークコネクター」を快走 ©eureka cycling Singapore自転車と歩行者用の道「パークコネクター」を快走 ©eureka cycling Singapore

 2日目は、公園と公園をつなぐ自転車と歩行者のための道「パークコネクター(PCN)」をメーンに、東半周60kmをサイクリングする。海沿いを走るイーストコーストロードや、チャンギ、プンゴールなどは地元サイクリストの定番で、山田さんが「シンガポールサイクリングの王道」と説明するコースだ。

 オプションで、旧マレー鉄道跡サイクリング(未舗装のためMTB使用)も6千円で用意している。また山田さんは、「2日目東半周を走ってまだまだ元気な方は、ぜひ午後の西側一周に挑戦を!(オプション6千円)」と呼びかけている。

7月までのお得なキャンペーン中

 最少催行人数は2人。申し込みがあった際に実施されるため、期日は定められていない。ツアー代金は通常5万9800円(日本~新シンガポールの航空運賃は含まれない)。5月~7月はスタートアップキャンペーンとして4万9800円で参加できる。

◆ツアー代金に含まれる内容◆

「リバービュー ホテル シンガポール」宿泊(2泊)、朝食ビュッフェ(ツイン利用)、ホテル⇔空港の送迎、1日目ナイトサイクリング(18km)、2日目東半分サイクリング(60km)、サイクリングガイド(ローカルサイクリスト)、レンタル自転車とヘルメット、サイクリング時の水(1ライドにつき1本)とスナック

旧マレー鉄道跡サイクリングで走るコース旧マレー鉄道跡サイクリングで走るコース
旧マレー鉄道跡サイクリングでは昔の駅の看板に出会うことも旧マレー鉄道跡サイクリングでは昔の駅の看板に出会うことも

 なお、サイクリングガイドはローカルサイクリストのため英語となり、日本語希望の場合は要相談。申し込み・問い合わせはsingaporecyclingtour@gmail.com(担当 山田美緒)へ、日本語可。電話は+65-8658-4123(平日の日中のみ対応)。

※4月10日現在、シャングリラアドベンチャーのウェブサイトにこのツアーの情報は掲載されていません。

関連記事

この記事のタグ

ツーリング 山田美緒

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載